注文住宅

バリアフリーデッキのある家

エリア:

神奈川県横浜市

内容:

体の不自由な高齢者もお住まいの2 世帯住宅。
端的に言えば体の不自由なお母様を介護する住宅。
初めてのバリアフリー住宅の設計でした。
横浜にはよくある急勾配の道路に面した、崖の上の敷地でした。
建て主は大学の同級生で、都市計画の専門家。
彼と一緒になって勉強しながら設計をまとめました。
まだバリアフリーのユニットバスを一社しか作っていなかった時代です。
大きなデッキを作りました。
そこから車椅子がスロープで降りられるようにし、芝の上にも行けるようになっています。
このデッキは住む方の生活も変えたとのことです。
朝起きて紅茶をデッキのベンチで楽しむようになったと聞いています。
デッキにはベンチを作り付けるべきだと、これ以降思っています。

デッキから伸びるスロープです。とても役に立ちます

外観は当時出たてのガルバリウム鋼板を採用しています。
雨樋もガルバリウム製です。
これは以後私の事務所の標準仕様の一つになっています

食堂からキッチンを見ています。
ガスコンロの部分は見えなくしています。
とても現実的だと今でも思います

体の不自由な高齢者もお住まいの2 世帯住宅。
端的に言えば体の不自由なお母様を介護する住宅。
初めてのバリアフリー住宅の設計でした。
横浜にはよくある急勾配の道路に面した、崖の上の敷地でした。
建て主は大学の同級生で、都市計画の専門家。
彼と一緒になって勉強しながら設計をまとめました。
まだバリアフリーのユニットバスを一社しか作っていなかった時代です。
大きなデッキを作りました。
そこから車椅子がスロープで降りられるようにし、芝の上にも行けるようになっています。
このデッキは住む方の生活も変えたとのことです。
朝起きて紅茶をデッキのベンチで楽しむようになったと聞いています。
デッキにはベンチを作り付けるべきだと、これ以降思っています。

遠藤泰人

空間スタジオは「やさしい住宅」を設計します。 バリアフリー住宅をカッコ良く作りたいと思っています。 二世帯住宅他、中高年の住まいを得意としています。 良質なデザインの暖かくて涼しい住宅を設計します。 とんがったデザインは卒業しましたのであしからず。 住宅設計は建主との共同作業だと思っています。 また敷地の特性を生かす事も重要です。 その中から最適なデザインが発見できていくと確信しています。