戸建リノベーション・リフォーム

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> –

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (ダイニングキッチン)

ダイニングキッチン

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (南からの夕景)

南からの夕景

テラスと一体感のあるリビングダイニング。屋根は既存を活かし黒壁とした。

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (スタディカウンターと洗面)

スタディカウンターと洗面

玄関扉を開けたホールがスタディコーナー。 ダイニングキッチン横にワークテーブルを置くことで、ダイニングテーブルに宿題が散らからない。

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (外観)

外観

田んぼの広がるのどかな風景 日本家屋が生まれ変わる。

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (東からの外観)

東からの外観

左が以前の住まい。右がご主人の元実家で今回リノベーションで生まれ変わった。

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (南からリビングの奥は将来の子供部屋。現在は1室空間としている。)

南からリビングの奥は将来の子供部屋。現在は1室空間としている。

以前の屋根裏部屋もオープンに

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (スタディカウンターから)

スタディカウンターから

ブルーのタイルは奥様のセレクト。空間が引きしまる。

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (スタディカウンターから玄関を見る)

スタディカウンターから玄関を見る

天井の一部がグレーチングとなっており、2階からの光が降りてくる。2階の瓦は1部ガラス瓦になっているため、採光がとれる。

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (子供部屋から)

子供部屋から

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (ロフト ガラス瓦からの採光)

ロフト ガラス瓦からの採光

2階天井のガラス瓦

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (ロフト奥の書斎)

ロフト奥の書斎

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (書斎)

書斎

窓から階下の家族の様子が見れる

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (リビングから書斎の窓を見る)

リビングから書斎の窓を見る

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (ロフトからダイニングを見下ろす)

ロフトからダイニングを見下ろす

回遊できる家 – 長く子供と仲良く、築46年の回遊できる家<リノベーション> – (キッチン収納)

キッチン収納

キッチンの背面収納。棚は作らず既製品を使用しコストダウン。しめれば隠す収納となる。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

大阪府

費用

設計・施工:1375万円

敷地面積

182.48㎡

延床面積

137.97㎡

施工面積

137.97㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (スケルトン・リノベーション)

階数

2階建て

間取り

3LDK → 3LDK

築年数

46年

完成時期

2016年06月

間取り

リノベーション前

30坪程ある古民家を、ダイナミックな一室空間にリノベーション。
屋根はほぼ活かし、内部はスケルトン。
色使いなどは、奥さんのセンス。4人のお子さんが楽しく暮らす家。

家づくりのきっかけ・施主の要望

家族が増えるに従って、現在の住まいが、少し手狭になってきたのがリノベーションの動機である。
 この計画は、リノベーションして向かいの家に引っ越すという、ちょっと変わったものだ。
 向かいの家は、築46年。ご主人の生家でもある。

「長く子供と仲良く」がメインテーマの家。元に住んでいた家より1回り大きいのだが、昔ながらの日本家屋ゆえ軒が深く、内部まで光が届かない。この部分を解決しようというのが、まずはこの計画のテーマとなった。

この事例の見どころや工夫したところ

元に住んでいた家より1回り大きいのだが、昔ながらの日本家屋ゆえ軒が深く、内部まで光が届かない。この部分を解決しようというのが、まずはこの計画のテーマとなった。

1階の壁を出来るだけ減らし、回遊性のあるLDKを提案。また天井部も撤去し、吹抜けとした。屋根瓦の一部をガラス瓦とし、2階部分から中央に光を落とすことを考えた。

施主の感想

冬は南の大開口から光が入り暖房要らず。夏は風が通り抜け涼しいです。
子供の友達が遊びに来る回数が増え、家中でドッチボールをして遊んでいます。

事例の進み方

プランを気に入ってもらい「進んで行きましょう」となったのだが、ここからがなかなか大変だった。銀行はリノベーションに対しての融資が渋いのだ。

リノベーションとは建物の価値を高めるという意味がある。既存建物を活かし、空間の価値を高めるのと、壁紙を貼り換える程度のリフォームでは、工事の規模も難易度も全く違う。

この辺りの現実を、行政、金融とも把握し、言行一致して貰いたい。数千万円単位が可能な新築と違って、500万円を超えてくると、一気にハードルが上がるのだ。

しかし、何でも粘り強くトライしてみるものだ。理解のある融資先が見つかり、無事工事スタートにこぎつけた。全ての過程でここが一番大変だったかもしれない。

印象に残っていること

解体後、従来の構造体を補強したり、柱位置を変えたりしながら、新たな空間を創造して行く。この段階になり、抜けないと分かる柱が出てくることもる。今回も1ヶ所でてきた。
リノベーションは、従来からの構造体と、新たな構造体のコラボレーションだ。
よって、一方側の論理では解決できないことが起こりる。
監督、棟梁、そしてクライアントに相談し、最も良いだろうという答えを探るのが私の仕事。
互いを活かし、歩み寄る。それがリノベーションだ。

メディア掲載

2018年4月14日(土)
毎日放送『住人十色』- 築46年の実家をリノベ!4人の子どもがのびのび育つ家-

2018年3月
『住まいの設計5・6月号』

リノベーション前の写真

いい家!
4

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

一級建築士事務所アトリエm

一級建築士事務所アトリエm

クライアントと太陽を共有し幸せの実現にむけて全力を尽くす

所在地

大阪府大阪市平野区平野西5-6-24

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

一級建築士事務所アトリエmさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード