要介護のお母さまのために、住み慣れた母屋の隣に新居を。課題が多かったそうですが、ポジティブなプランにじんと熱くなる。

注文住宅

屋移りの住居

手掛けた建築家

設計、監理を担当

屋移りの住居 (道路側からの外観)

道路側からの外観

photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (外観)

外観

手前のスペースは解体された母屋が建っていた場所。母屋に住みながら、この住宅を新築した。 photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (寝室)

寝室

仕切らずに緩くつながる寝室 photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (寝室・階段)

寝室・階段

踊り場から寝室、階段、LDKを見る。 緩やかなつながりがあることがわかる。 photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (エントランス空間)

エントランス空間

奥に見えるのが玄関。広いのでいろいろな用途に使える。 photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (階段)

階段

階段からLDKを見る。ゆるく仕切られているので、LDKの様子はわかるようになっている。 photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (通り土間)

通り土間

エントランス空間の通り土間。 ゆるい階段にして上がりやすいように配慮している。 photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (外観(夜))

外観(夜)

photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (リビング)

リビング

落ち着いた空間。奥のウッドデッキがあり、外とのつながりを感じられる。 photo by Hiroshi Ueda

屋移りの住居 (LDKと通り土間)

LDKと通り土間

通り土間があることで、つながりながら各部屋を分ける事ができる。 photo by Hiroshi Ueda

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理を担当

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

東京都

敷地面積

260.46㎡

延床面積

105.27㎡

階数

2階建て

間取り

その他

完成時期

2016年09月

施工会社

山庄建設

手掛けた建築家のコメント

設計、監理を担当

下町に建つ夫婦と高齢の母親のための2世帯住居。母親の仮住まいが体力的に難しいため、長年住み慣れた母屋で生活しながら、敷地の残余部分に新居を計画する。台形の敷地と既存母屋の間のいびつな空地の形状に沿った建物外形としている。外壁は金属板に包まれ、周辺にある大小の工場の町並みと呼応させた。また、解体跡地には既存母屋の間取りを模した外構とした。このようなプロセスから生成される「カタチ」が、土地の歴史や記憶とつながっていくことを期待している。

母親の介護動線と諸室の配列、家族間のプライバシーレベルの設定が課題であった。
玄関から母の部屋まで段差が無く、細長く天井の高い外部空間のような「通り土間」を設け、その周りをぐるりと取り囲むように諸室やテラスを配置した。緩やかな階段はプライベートな部屋同士の距離を最大限に確保する。家族間の独立性を保ちつつ、どこからでも母の様子が確認できるような居場所のつながりを獲得する。

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

白子秀隆

白子秀隆建築設計事務所

白子秀隆

対応業務

注文住宅、リノベーション

所在地

東京都目黒区八雲3-30-1 サクラテラスE

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

白子秀隆さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けた建築家

白子秀隆

@東京都