注文住宅

北春日部の家(旗竿敷地)| 内外デッキのある家

北春日部の家(旗竿敷地)| 内外デッキのある家 (東側外観)

東側外観

道路と線路が目の前にあるため開口部は極力小さくし、大きなトップライトからたっぷりの光を取り込んでいます。

北春日部の家(旗竿敷地)| 内外デッキのある家 (土間)

土間

入口から中庭まで貫通する土間。旗竿敷地を有効に使う手段でもあり、簡単な接客の場になっている。

北春日部の家(旗竿敷地)| 内外デッキのある家 (2階外部デッキ)

2階外部デッキ

シンボルツリーのヒメシャラは、1・2階のすべての部屋から眺められる。天気のいい日にはここで食事をしたり第二のリビングとなっている。またリビングと繋がることで室内に広がりを与え更に豊かな空間にしてくれる。

北春日部の家(旗竿敷地)| 内外デッキのある家 (内部デッキ)

内部デッキ

内部デッキから外部デッキを見る。内外が一体となることで空間はより一層広がり豊かになっている。

北春日部の家(旗竿敷地)| 内外デッキのある家 (ダイニング・キッチン)

ダイニング・キッチン

線路側には小窓を配しプライバシーを確保して、中庭側の大きな窓とトップライトからたっぷりの光と風を呼び込んでいる。ダイニングテーブルと収納は造作家具となっている。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

埼玉県春日部市

敷地面積

122㎡

敷地の特徴

旗竿地

延床面積

128㎡

階数

2階建て

間取り

2LDK

期間

設計:24ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

1993年04月

線路沿いの道路に面した旗竿敷地に建つ4人家族のための住まいです。
外観は電車の騒音を考慮し開口部を最小限にしています。道路から延びたアプローチは屋内を通りそのまま建物を貫通して中庭へと抜けていきます。この通り土間は簡単な接客の場にもなっています。そして内部で分岐して、一方は2階内部デッキから降り注ぐ光によりリビングへと導きます。これは限られた敷地の中で内外スペースを有効に使うためであり、時には子供たちがまるで外のようにここを自転車で通り抜けたりしています。2階中央の内部デッキからはたっぷりの優しい自然光を取り込み、屋外のようなそこはタタミルームを「離れ」として存在させています。この内部デッキはそのまま外部デッキに変化してアウトドアリビングとなります。内外が融合することでリビング空間にも広がりを与えています。中庭のヒメシャラは1・2階の各空間から眺められそれぞれに季節感と癒しを与えてくれます。

家づくりのきっかけ・施主の要望

お子様が小学校入学までにつくりたいというのが家づくりのきっかけでした。旗竿敷地を有効に使える家を希望。また周囲を建物に囲まれているので、それを考慮して開放感や陽当たりを確保したい。

この事例の見どころや工夫したところ

建物の中心を貫く土間が特徴の家です。入口から中庭まで貫通する土間は、簡単な接客の場にもなり、時には子供たちが自転車で通り抜けたり、半屋外のような多目的土間空間です。
2階リビングに接した外部デッキとそこに繋がる内部デッキが、内と外を曖昧にし生活空間に広がりを与え、外部と繋がることで季節を感じさせてくれます。

施主の感想

中庭のヒメシャラが季節を感じさせ、デッキで食事やお茶を楽しむようになりました。これまで休日は外出が多かったのが、この家が出来上がってからは休日を自宅で楽しむことがほとんどだとか。

事例の進み方

プランニングに入る前の打ち合わせに時間をかけました。これまでの住まい方やこれからの住まい方など、いろいろなお話のやりとりに時間をかけることがいい家をつくるコツだと思っています。焦らずじっくりとお互いの考え方をすり合わせることで、悔いのない住まいづくりが出来ました。

印象に残っていること

大工さんとのやりとりが思い出深いですね。当時私の父親が現役でこの家の棟梁だったのですが、複雑な構造体の大きな模型をつくりそれを見ながら夜な夜な遅くまで説明したりディスカッションをしたことが今でも記憶に残っています。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

小磯一雄|KAZ建築研究室

小磯一雄|KAZ建築研究室

現在、家は「つくる」時代から「買う」時代になってしまいました。ですが、敷地条件・家族構成・住まい方・住み手の感性は皆それぞれ違います。ですから本来は皆違う個性の家になるはずです。家に合わせて住まわされるのではなく、住み手に合った家に住むことが大切だと思います。また、良い条件の敷地を選ばなくても(高価になるので)、建物側でいくらでもカバーできますからその分を家づくりに充てるという考え方もあります。とにかく、周囲の蔓延した情報に惑わされずに、住まいに対する既成概念を取り払い、自分たちには何が必要なのか?どう住まうのか?という原点に戻って、これからのライフスタイルをイメージしてください。せっかく自分たちの大切な住まいをつくるのですから!

所在地

群馬県館林市堀工町963-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小磯一雄|KAZ建築研究室さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード