注文住宅

OT-House

エリア:

東京都西多摩郡奥多摩町

内容:

山の中腹に浮かぶ、
箱のような住宅です...。

春になると、傾斜した庭に桜が咲きます。

山の中腹に浮かぶ箱...。

敷地全体が、急勾配で傾斜している中に、
上下に積まれた、2つの箱を浮かべました...。

平らな部分がどこにもない、
急勾配の傾斜地...。

そこで、
斜面上に、
コンクリートの箱を浮かべることで、
その上に、
平らな空間を確保しようと考えました...。

斜面の途中に、
浮かぶように建っているため、
眼前には、
遮るもののない風景が広がっています...。

斜面上に、箱を浮かべることで、
平らな部分が全くない、
急勾配の、傾斜地の中に、
唯一の、平らな庭となる、テラスを、
つくり出しています...。

コンクリートの箱の上には、
鈍く光る、アルミの箱が載っています...。

中へは、
このアルミの箱から入ります...。


この家の顔にあたる、入口付近は、
窓一つない、
少し閉じた表情をしています...。

それは、
防犯のためや、プライバシーを守るため、
等々の理由もありますが、
それだけではなく、
中へ入った時に広がる、
室内からの眺望との対比を考えて、
わざと、入口付近では、
そっけない、閉じた表情をつくっています...。

アルミの箱の中は、
二方向の壁が、取り払われて、
前面に広がる景色に向かって、
大きく開かれています...。

天井も、床も、
真っ白にしたことで、
箱の中には、
風景だけが、飛び込んできます...。

光沢のある、白い床には、
樹々の緑が、映り込みます...。

真っ白な、
床も、壁も、天井も、
ガラスを突き抜けて、
そのまま、屋外のテラスへと、
連続しています...。

山の中腹に浮かんだ、平らな面の上に、
もう一枚の平らな面が浮かび、
そこが、室内になります...。

緑の中に、浮かんでいるような、
リビング・ダイニング・テラス...。

屋内と屋外とは、
屋根が架かっているかどうかの違いでしかなく、
同じように、
前面に広がる、山の景色に向かって、
大きく開かれています...。

家の中にいても、外にいても、
空飛ぶ絨毯で、
緑の上に浮かんでいるみたい...。

周囲が暗くなると、
昼間は隠れていた灯りが、
天井に、浮かび上がります...。

照明器具は、すべて、
天井に掘り込むように、設置されていて、
明るい間は、その存在が気になりませんが、
夜になると、
光源の見えない、光のかたまりとして、
天井に浮かび上がります...。

ガラスの際には、
カーテンボックスの中に設置された照明が、
光の帯をつくります...。

室内の灯りが、テラスを明るく照らし、
その先には、
山の麓の家々の灯りが、
夜景となって、瞬いています...。

大きなワンルームの一角が、
キッチンになっています...。

リビング・ダイニングと一体になっているため、
キッチン廻りの様々なものは、
その時々で、
出したり、隠したり、
選択することが出来るようになっています...。

黒く塗られた引き戸の奥には、
大きな収納スペースが確保してあり、
冷蔵庫も、その中に収められています...。

また、
換気扇のレンジフードも、
吊戸棚の中に隠れていて、
使う時だけ、姿を現します...。

天井に開いている穴には、
照明や天窓が、隠れています...。

何もない、広々とした場所で、
必要なものを、必要に応じて、
取り出せるようになっています...。

傾斜地に浮かぶように建っているため、
普通の家とは逆になっていて、
2階にあたるアルミの箱の方に、
玄関があります...。

そして、
ガラスの引き戸を開けると、階段があり、
そこから、
まるで地下に降りていくようにして、
1階にあたるコンクリートの箱の中へと、
入っていきます...。

階段の上部には、天窓が付いていて、
下の方まで、光が降ってきます...。

コンクリートの箱の上に載っている、
アルミの箱は、
木造であるにもかかわらず、
その中は、真っ白で、
無機質な感じの空間になっていましたが、
コンクリートの箱の方は、
コンクリート打放しの、
硬い外観の印象に反して、
中に入ると、
木を多用した、
柔らかい雰囲気の空間になっています...。

屋内と屋外の雰囲気を、
あえて、逆にしました...。

そのイメージのギャップを利用して、
それぞれの空間を、
より印象的なものにしようと考えました...。

コンクリートの箱の中の、
寝室からの眺め...。

風景を、
絵のように、切り取っています...。

周囲が暗くなると、
天井のそこかしこに、
昼間は隠れていた照明にの光が、
浮かび上がります...。

寝室の照明は、
カーテンボックスの中に隠れています...。

光源が見えない上に、
カーテンの方を照らしているため、
ベッドで寝ながら、天井を見上げても、
眩しくありません...。

斜面の途中に、浮かぶように、
建築しました...。

そのため、
景色を遮るものはなく、
また、
周囲からの視線を気にする必要もありません...。

広がる景色の全てが家で、
その中で、
たまたま屋根が架かっている部分が、
室内になっている、
と感じてしまうぐらいの、
開放感のある住宅を目指しました...。

仲摩邦彦

「これしかない」と納得できるようなものを目指し、そこでしか出来ない個性的なものを実現するために、ひとつひとつ丁寧に取り組んでいきたい、と考えています。

この専門家のプロジェクト一覧