戸建リノベーション・リフォーム

S薬局

エリア:

東京都

内容:

築40年の店舗+住宅を、リノベーションしました。

愛着ある部分を残しながら、構造的に補強をし、
まるで新築のように、変身しました...。

築40年の店舗+住宅を、
リノベーションしました...。

傷んでいる部分を補修・補強しながら、
新築と変わらないようなものへと、
再生させました...。


工事前と較べてみると、
別の建築のようですが、
よく見ると、実は、
2階部分には、あまり触れていません...。

リノベーション前には、
正面に、全く、壁がなく、
構造上、不安定な形状になっていました...。


その不安定な部分に、
新たに、
アルミの箱を挿入して、支えることで、
構造上のバランスをとるようにしました...。

そして同時に、
このアルミの箱は、
店舗と住宅、それぞれの部分を、
はっきりと分離する役目も、
果たしています...。

構造上の補強や、動線の分離、等々、
様々な効果を、
箱を挿入するという、非常に単純な操作だけで、
実現しようと、試みました...。

店舗内部は、
リノベーション前の状態から、
動線を整理することが必要となりました...。


作業のための動線と、
客のための動線とを、
明確に分離し、
外部から連続するアルミの壁と、
カウンターや陳列棚によって、
客を奥へと、わかりやすく誘導するように、
計画しました...。

店舗の一番奥にある、
調剤室と、薬の受け渡しコーナーは、
様々な理由から、
その位置を移動することは出来ませんでした...。

そのため、
そこへ向けて、
渦巻きのような動線をつくることで、
それぞれの場所に、
必要なスペースを確保するようにしました...。

店舗を訪れた客が、
自然に、奥へと進めるように、
店の動線は、
渦巻きのようになっていますが、
天井の方も、同様に、
渦巻きのようになっています...。

客が歩く経路となる部分の天井は、
他の部分より高くなっていて、
その段差を利用して、照明をしています...。

光に導かれるように歩くうちに、
自然と、奥へと辿り着くようになっています...。

住宅部分のリビングルームは、
店舗部分と、
開口部によって、つながっています...。

住宅部分と店舗部分とは、
普段は壁の中に隠れている引き戸によって、
必要に応じて、仕切ることが出来ます...。

住宅部分のリビング...。
店舗とは反対側は、
ウッドデッキへと続く大開口になっています...。

元々は、壁で閉ざされていた部分ですが、
他の部分を補強することで、
ここには、
大きな窓をつくりました...。

ウッドデッキと同じ材料で出来た塀の先の緑は、
お隣のお庭を借景しています...。

元々は、
ボイラー室や倉庫だった部分は、
間仕切りを取払い、
大きな窓を付けて、
デッキテラスともつなぐことによって、
寝室へと変身しました...。

室内と段差無しで出ることが出来る、
デッキテラスをつくりました...。

わずかなスペースですが、
部屋が格段に広く感じられます...。

どこの家でも、
割と簡単に使えそうな、
部屋を拡げる方法です...。

元々あったブロック塀は取り外し、
床と同じ、デッキ材で、
目隠しの塀を、新設しました...。

ブロック塀で囲まれていた時には、
湿気がこもっていたため、
板の隙間から、風が抜けるように...。

緑は、
隣のお庭の、借景です...。

道を歩く人からもよく見える、
開放的な店舗になっています...。

内か外か、わからないぐらい開放的です...。

シルバー色の、鈍く光る、アルミの外壁が、
そのまま屋内へ入り込んで、
受付カウンターになっています...。

ガラス面の内側、天井内に、
ロールスクリーンを仕込んであり、
必要に応じて、目隠しをすることも出来ます...。

また、
ガラス面の外側、軒天井の中には、
電動シャッターも仕込んであり、
閉店後は、スイッチ一つで、
ガラス面をすべて覆い隠すため、
セキュリティも万全です...。

この住宅事例を手掛けた建築家

仲摩邦彦

建築家 / @東京都

「これしかない」と納得できるようなものを目指し、そこでしか出来ない個性的なものを実現するために、ひとつひとつ丁寧に取り組んでいきたい、と考えています。

仲摩邦彦

建築家 / @東京都

仲摩邦彦さんの住宅事例