二世帯住宅

H-House

内容:

住宅密集地に建つ二世帯住宅。

住宅密集地に建つ、二世帯住宅です。

住宅が密集した中で、
良好な住環境を得るために、
どのようにして、
「余白」となる部分を確保するか、
ということが課題となりました。

ただし、各階で、
その「余白」が必要とされる場所が、
それぞれに異なっていました。

そうした必要に応えるためにも、
3つの箱を、
ズラしながら、積み重ねることで、
それぞれのレベルで、必要な場所に、
必要な「余白」を確保していきました。

3つの箱が、
ズレているために出来上がる「余白」は、
ある部分では、生活通路になり、
ある部分では、縁側になり、
ある部分では、
室内に光を導き入れる役割をしています...。

積み重なった箱は、
壁だけではなく、底面に至るまで、
木の板で覆われています...。

外観を、木にしたのには、
いくつかの理由があるのですが、
その一つは、
この地域が、昔から、
木にゆかりのある地域であったからです...。

ほんの数十年前までは、
木の板を張った家々が並んでいた、
といいます...。

今となっては、
近所では唯一と言ってもいい、
「木の家」ですが、
時間的に、少し引いて眺めてみると、
どちらが、この地域での、
当たり前のあり方、
ということになるのでしょうか...。

そういった意味では、
少々オーバーな言い方になりますが、
ミッシングリンクを埋める存在である、
という風に考えています...。

積み重なった箱の底面も、
外壁と同じように、
木の板を張っています...。

その板張りの底面は、
そのまま部屋の中へと入っていき、
板張りの天井になります...。

その板張りの天井から一段高くなった、
天井部分全体が、
部屋を照らす照明にもなっています...。

ちょうど、
木の箱の底を刳り貫いたら、
明るい部分が出てきた、
といったような感じ...。

そして、同じように、
室内の床は、
そのまま外部へと延長されて、
木の箱のズレを利用した、
軒下のテラスになっています...。

家の中と外は全く別もの、
というのではなく、
ここでは、
建築の内と外は、
互いに関連し合って、
同じストーリーに貫かれています...。

室内の床は、段差無しで、
屋外テラスの床へと連続しています...。

テラスの先端、
つまり、隣の家との境界線のところには、
床と同じ材料で、
目隠しの塀を設けています...。

目隠しの塀は、
太陽の光を遮らないように、
それでいて、
お隣から丸見えにならないように、
という微妙な高さにしています...。

ただ、それでも、
周囲の視線が気になる時には...。

普段は壁の中に収まっている障子を、
引っ張り出して、
目隠しをします...。

障子は、窓全体を隠すことも出来ますが、
時には、写真のように、
下の方だけを開けることも出来ます...。

下の方は、
テラスの先の塀で、目隠しが出来ていますから...。

屋内から、屋外のテラスへと続く、
空間の広がりを守りつつ、
さらに、
日差しを遮らず、
プライバシーも保つ...。

どれ一つとして、諦めないための工夫です...。

各階は、すべて、
少しずつズレながら積み重なっていて、
そろっている場所は、
どこにもありません...。

ただ、
1枚の壁だけは、
そのようにズレながら積み重なった、
1階から3階までを、
縦に、まっすぐ、貫いています...。

そして、
この木の幹のように、
上に向かってまっすぐに伸びる、1枚の壁から、
まるで、枝が伸びるように、
階段の段板が突き出しています...。

階段は宙に浮いているような感じで、
階段の昇り降りは、
ちょっとした、木登り気分です...。

上に向かって伸びる壁のてっぺんには、
トップライトを設置して、
壁が、そのまま、
空へと突き抜けていくような感じにしました...。

トップライトからの光は、
木の格子を通って、
下へと、柔らかく降り注ぎます...。

ちょうど、
森の中の、木漏れ日のような感じを、
イメージしました...。

1階2階3階が、
それぞれズレて積み重なっていることを利用して、
1階の屋根の上に、
住宅密集地にあるとは思えないほどの、
広い、屋外のテラスをつくりました...。

屋外のテラスは、その先端で、
目隠しの格子によって、大きく囲い、
プライバシーを確保しています...。

そして、
屋内のリビングルームは、
そのテラスに向かって大きく開くことで、
実際の面積をはるかに超えた、
広がりが感じられるようにしました...。

各階は、
少しずつズレながら積み重なった、
「木の箱」のようになっているのですが、
それぞれの箱の中には、もう一つ、
小さな「木の箱」が、
入れ子状に、入っています...。

その中には、それぞれ、
浴室やキッチン等の、水廻りや、
収納等が収まっています...。

写真の箱には、キッチンが入っています...。

箱の周囲の壁は、すべて収納になっていて、
その周囲での生活を助けます...。

必要な機能を、すべて、箱の中に収めることで、
その周囲に、快適な「余白」を確保しました...。

箱をズラしながら積み重ねることで、
周囲の、必要な場所に、
必要な「余白」を確保する、という、
外観でのストーリーは、
同じように、
室内のストーリーにもなっています...。

自分の家の中については、
あれこれ自由に出来ますが、
家の外の環境を、
勝手に変えることは出来ません、
当たり前ですが…。

周囲があまり好ましい環境でなかったり、
家々が密集して建っているときなどは、
家の中と、周辺との関係を、
上手に調整することが、
快適に暮らす上で、
とても重要なことなのではないでしょうか…。

通常は、
窓やカーテンの開け閉めによって、
そうした関係を調整していることが多いのですが、
そうした方法は、確かに、
周囲の視線等の、
好ましくないものを遮ることができますが、
同時に、
光や風、あるいは、
眺望や室内の広がり、といった、
本来、遮りたくないことまでが、
遮られてしまう、
ということもあるように思います…。

住宅密集地にあって、
遮りたいものを遮りながら、
屋外とも連続した、
開放的な屋内空間を実現するために、
部屋の廻りにテラスを設け、その周囲を、
木製の格子で囲いました…。

光と風を通しながら、
プライバシーを確保し、
屋内空間を、
屋外に向けて、拡張しました…。

外観では、
箱をズラしながら積み重ねることで、
必要な「余白」を確保したように、
ここでは、
格子で出来た箱の中に、
屋内空間という、もう一つの箱を、
入れ子状に置くことで、
その間の「余白」を確保し、
それによって、
周辺環境との調整をはかろう、
と考えました…。

3階は、
収納が収まった「箱」を中心にして、
その周囲の、
ぐるりと回遊できる「余白」部分が、
必要な個室になっています。

3階の、外観正面に、
飛び出すようになっている部分を利用して、
大量の本を収納します。

宙に浮かんだ書斎です。

書斎部分が飛び出したおかげで、
その反対の、
東側の視界が最も開けた場所では、
逆に、
周囲の家々から距離をとるように、
少し引っ込めることができました。

そのため、
朝日の当たる、
眺めのいい、寝室となりました。

この住宅事例を手掛けた建築家

仲摩邦彦

建築家 / @東京都

「これしかない」と納得できるようなものを目指し、そこでしか出来ない個性的なものを実現するために、ひとつひとつ丁寧に取り組んでいきたい、と考えています。

仲摩邦彦

建築家 / @東京都

仲摩邦彦さんの住宅事例