注文住宅

伽留羅ー世田谷の事務所併用住宅

面積:

172㎡

エリア:

東京都

実施時期:

1995年

内容:

東京の華々しい都市計画によって、後方にははるか上から住民を見下ろして、巨大なコンクリートの塊の連続鉄道高架橋が建設中となってしまった。その都市計画真っ只中の敷地となった50坪の敷地に建築した、50坪の木造2階建て事務所併用住宅である。
その為後方に対して住宅は壁を閉ざして防御的な外装とならざるをえず、その分内部に膨らみと連続性のある空間を試みた。
1階は南側から入れる事務所とカースペース奥東に住まいの玄関とし、玄関を入ると吹抜けの階段ホールとなっている。階段はコンクリート造とし、表面は荒い砕り仕上げとなっている。2階は南にリビング、ダイニング、キッチンがあり、西に寝室が2部屋ある。
通し柱は8寸、大棟木1尺5寸に登り梁1尺を12本架け、がっしりとした骨組みを作り、これをそのまま建物のデザインとした。住宅の見えがかり造作材は全てピーラー無垢材で床のみチーク無垢材として、それぞれ時間とともに自然に色をつけていく無垢無塗装材である。壁は内外とも全てスタッコ塗りでランダムに塗り回し連続性を強調している。
レンガのアプローチ、大谷石の床、稲田の板石などを敷石として使っている。

この住宅事例を手掛けた建築家

松井俊一

建築家 / @東京都

・質感の豊かな自然素材を使っての家づくり ・熟練した職人の技術を大事にした家づくり ・開口部を大切に考えての家づくり ・豊かな広がりのある空間があり、日々の暮らしが生き生きする家づくり ・住まう人の工夫で四季の変化に対応出来る家づくり ・太くガッチリとした無垢な材木による骨組みで耐震性、耐久性の高い家づくり ・周囲の自然を取り込み、庭と内部との繋がりを大事にした家づくり ・建主の個性と敷地の特性を活かした家づくり

松井俊一さんの住宅事例

松井俊一さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード