戸建リノベーション・リフォーム

小木津の民家再生

面積:

130㎡

築年数:

100年

実施時期:

2008年

内容:

築約100年、桁行き7.5間、梁間5間、入母屋造りの瓦屋根を持つこの地方独特の民家である。30cm角の大黒柱、27cm角の中黒柱を中心に開放的な間取りで、ほとんどが建具による仕切で壁が非常に少なく、各部屋は低く天井で覆われていました。軒の出を深く出したセガイ造り、化粧垂木と幾重にも組まれた立派な小屋組が見所になっています。

この築100年の民家にさらに住み続けたいという建主の希望により、今回の民家再生工事が始まりました。エネルギーあふれる若いご夫婦と2人の男のお子さんの為、内部は現代生活に合わせて新しい機能と設備を持ち、一方でこの昔からの力強い小屋組を生かした新旧共存の新しい機能空間となっています。

外観はできるだけ当初の姿に戻し、周囲の風景の中に溶け込み続けていくように心がけて設計しました。

撮影:スタジオ村井

撮影:スタジオ村井

撮影:スタジオ村井

撮影:スタジオ村井

この住宅事例を手掛けた建築家

松井俊一

建築家 / @東京都

・質感の豊かな自然素材を使っての家づくり ・熟練した職人の技術を大事にした家づくり ・開口部を大切に考えての家づくり ・豊かな広がりのある空間があり、日々の暮らしが生き生きする家づくり ・住まう人の工夫で四季の変化に対応出来る家づくり ・太くガッチリとした無垢な材木による骨組みで耐震性、耐久性の高い家づくり ・周囲の自然を取り込み、庭と内部との繋がりを大事にした家づくり ・建主の個性と敷地の特性を活かした家づくり

松井俊一さんの住宅事例

松井俊一さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード