注文住宅

DOVE VAI -伊豆天城高原の別荘-

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

別荘

居住者

夫婦・カップル

所在地

静岡県

延床面積

224.7㎡

階数

2階建て

高原の木々に囲まれ、東に相模湾を臨む天城高原に建つ別荘である。1階はRC造として高基礎を兼ね、上に木造部分をのせて地面より高さを確保し、雪や寒さ対策の一つとしている。
内部は木の質感を生かした内装とし、一枚大天井はカナダ産のピーラー板張りで、大梁、小梁も同材としている。床は幅広のチーク材を特注で制作し、乱尺のものを一気にダイナミックに敷き詰めた。仕上げはナチュラルオイル拭き取りで軽く仕上げただけである。家具も厚物のチーク無垢板を使い、時と共に深みを増していくチーク独特の色の変化が楽しみである。
壁は全て熟練職人による左官塗り(デュッセル)で厚みを出している。
螺旋階段の手摺は鉄の鍛造作りを京都の老舗工場ーよし与工房で制作してもらった。黒皮を生かすため蜜蝋で仕上げている。
十分な断熱材や暖房設備は施しているが、春夏秋冬いつでも窓を大きく開き、自然の豊かさ、厳しさを楽しめる別荘である。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

松井俊一

松井俊一

◯質感の豊かな自然界よりの素材を使っての家づくり  無垢な木、無垢なフローリング、左官塗り壁、自然石、鉄、銅、ブロンズなど  本物の素材を積極的に用いて時と共に深み味わいを増していく家づくり ◯熟練した職人の技術を大事にした家づくり  住んでみると職人達の気持ちが感じられる家が良い家になっていきます。  実際に家を作っていくのは大工職人、左官職人、建具職人、石職人、  電気設備職人など専門の職人達です ◯太くがっちりとした無垢な木材による骨組みで耐震性、耐久性の高い家づくり  伝統を現代に活かした木造軸組工法で作り、庇をしっかり出した設計 ◯開口部を大切に考えての家づくり  木造の家にはできるだけアルミサッシを使わず機能性の高い木製建具を用い、  木造らしい家とします。  窓の開け閉めにより、外部の四季を積極的に取り入れ、自然換気、自然採光により  日々の暮らしに豊かな変化をもたらす家づくり ◯内部に豊かな広がりのある空間があり、日々の暮らしが生き生きする家づくり

所在地

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-11-9

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

松井俊一さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

松井俊一

建築家 / @東京都