注文住宅

白い原石の家

実施エリア:

茨城県那珂市

内容:

田園風景が所々に残る住宅地に建つ住宅である。
建物を横から見ると、地面以外のすべての辺が斜めに形成された真っ白な塊は、
まるで白い原石が地に刺さっているようだ。
初めてクライアントに会ったときに感じた、クライアントの純真な心を表現した。
北側は窓が少なく閉鎖的であるが、南側には大きな窓を多く設置し開放的だ。
南側は夏の高度の高い日差しは遮るように大屋根が庇となり、建物を大きな心で包み守ってくれているようだ。
内部は2世帯が暮らす平面プランとなっているが、世帯同士を分断することなく、吹き抜けを通して家族の気配が伝わるよな空間構成とした。
部屋から望む田園風景が美しく、ホッとさせてくれる空間だ。