注文住宅

苅間の家

実施エリア:

茨城県つくば市

内容:

多くの日本の住宅地がそうであるように、ここもまた住宅が密集して良好な景観を望むことができない。
そこで、光を取り込み、風を通しながら、外からのプライバシーが守れるように考えた。
大きな大地に亀裂が入り、二つの層に挟まれた断崖絶壁の隙間の向こうに見える洞窟住居。
そんなイメージを膨らませたのが、道路に面した北側にあたるこの家のファサード。
二つの窓のない真っ白い壁の裏は、エントランス、テラス、バルコニーが隠れており、風の抜ける大きな窓も隠れている。

吉川直行

住宅は住まいながら住み手が造りあげていくものと捉え、 基盤である「シンプルな箱造り」のお手伝いとして、フレキシブルな可能性と可変性のために「素」なデザイン設計を心掛けています。 お客様との対話を何度も重ね、私達の持っているすべてを出し切って設計に取り組んでいきます。