注文住宅

へたのの家

実施エリア:

茨城県ひたちなか市

内容:

東京から車で2時間の距離にある農家住宅が集まる集落に建つ住宅である。
まっ白い壁の中に黒い窓枠がアクセントになったスクエアな外観が、周辺の環境から際立ち、清々とした印象を受ける。
決して大きな家ではない。けれど、小ささを感じさせない。
長い奥行きを持つ建物の形から、奥へ奥へと進むごとに違った空間を見せてくれるからだろうか。
物を多く所有せず、ひとつひとつの物を長く大切に使い続ける施主の家である。

吉川直行

住宅は住まいながら住み手が造りあげていくものと捉え、 基盤である「シンプルな箱造り」のお手伝いとして、フレキシブルな可能性と可変性のために「素」なデザイン設計を心掛けています。 お客様との対話を何度も重ね、私達の持っているすべてを出し切って設計に取り組んでいきます。