注文住宅

ハーフコートハウス/Okiさんの家

費用:

2700万円

築年数:

2009年

エリア:

埼玉県戸田

内容:

小さな住宅ですが、中庭を抱えた住宅です。土地区画整理に伴い宅地開発が進行中の地域にあります。駅への人々の流れのある道沿いということもあり、今後プライバシーの確保が難しくなるとの予想から、中庭式はスタートの時からのご希望で「モダンな箱のデザインで」というお好みに沿って進めました。

日中はお仕事で留守の為、1階はプライベートな空間。間取り図を参考にして頂ければご理解して戴けるかと思いますが、1階は寝室を要として書斎コーナーとウォークインクローゼット、浴室やお手洗い、洗濯室も続き部屋になっています。案外空調的には便利なもの。イメージはホテルのシングルルームと言えます。

H2O設計室は長いことグレーチングの床を住宅の内外に使用してきました。中にあっては廊下と言えば勿論ですが、吹き抜けを渡るブリッジにも使用している事例がいくつかあります。ここでは小さいながらも中庭式の住宅で、その中庭も小さいもの。そこを狭めるバルコニーの床は透光性のあるものを使用するのは当然のことです。

都市住宅として中庭式のシンプルなデザインの住宅に計画した和室。器や花、お気に入りのものがちょっと置かれる、そんな飾り床が部屋の脇に長く設けられています。ややシンプルな中にあって大切なモノが置かれる場所の視認性を保つ為、ここは空間を引き締める黒のウレタン塗りにしています。

事務所でも様々な和室を手掛けている中、シンプルな中にも幅があり畳をおいて他に和を感じるところを極力排除してデザインしたものです。畳は勿論縁のない畳。これは四方を縫い込むだけ高いものになります。また箒によって塵、埃を掃き出す窓を設けることにしました。2階の部屋は中々窓によっては部屋が落ちているものが気になります。そんな時、ちゃちゃっと出しちゃえる窓は欲しいものです。他の家でも家族構成などの条件によって格子をつけたり安全対策を施しながら、つけることにしている掃除窓です。

シンプルな形態と建築の色彩計画。都市の小住宅は中庭式という考えが好まれます。見上げた空が中庭の額で切り取られるのですが、建築の色彩と空の青が共演するカタチでデザインです。

駅に近く、人の往来の多い通り沿い。お仕事から帰宅して少し落ち着いた雰囲気の中で軽い食事の支度。そして中庭を望みながらの食事のひと時。シンプルに夜の空間をさりげなく照明計画の陰影で、落ち着いたものにしています。

森 大樹/小埜勝久

●住んで戴きたい家の為に・・・  環境に優しい家、住まい手に優しい家とはどの様なものでしょう?人類の家づくりの歴史は、現代のような設備機械の無い時代が長く、基本的な性能を高めることの工夫の歴史でした。我が国では屋根の深さ、断熱材と耐火の役割を持った左官壁、季節に応じて使い分ける建具の多様性に至る歴史に他なりません。左官壁は今や断熱材に置き換えられる様になりましたが、建築は最も信頼のおける基本性能の寿命の分だけ、環境に適応してきました。そうとは言え、設備に頼らないわけにも行きません。それなら私達は先ず、古来の建築の建て方に学び、まず基本性能を充実させる事を考えましょう。半端な建築では設備機器に負担をかけ、設置費用の分を取り戻すかそれ以前に、それらの省エネ設備の寿命は尽き、次の世代に資産価値として残すにも残念な結果を招いてしまいます。それにも関わらず、環境に優しいという建築は、設備機器だけが関心事となっているようでは本末転倒です。設備機器の設置は後でも可能ですし、これからも値は下がりますが、建築工事は後になるほど高くつきます。敷地の余裕が許す限り、屋根をしっかりかけ、断熱性能をしっかりあげ、機械に頼らない、エネルギー消費に頼らない住宅を作りましょう。 【 これからの建築は、燃費も考えて住んで欲しいと思います。そして、いつまでも価値のある住まいで健康に生活してもらえる家をこれからも提案したいと思います。】

この専門家のプロジェクト一覧