戸建リフォーム・リノベーション

リフォーム・リノベーション(老後を見据えて自宅の一部を改修)

費用:

1000万円

実施エリア:

埼玉県

築年数:

2006年

内容:

建て主さんは50代前半のご夫婦で、高齢化した時を見据えてのリフォームです。まず二つの大きな方針がありました。
 ひとつめは「食べる、飲む、料理する事」が大好きなご夫婦が生活を楽めるために、ダイニングと分離していた調理スペースをリビングを含めた一体的なスペースにするということ。そして、その場所にご趣味である陶芸作品を陳列する棚も設ける事でした。
既存の壁を取り払いリフォーム前の洗面脱衣室、台所のスペースを取り込み15畳大のワンルームを生み出しましたが、取払うことができない柱を、キッチンの竹格子スクリーンでセミオープンに
することによって柱3本を隠し、食器の受け渡し上どうしても隠せない柱は逆にシンボリックにデザインしました。具体的には柱の四隅を削って、八角形の断面にしながら空間に柔らかみを出し、すこし濃い色に染めています。
 残るひとつは、水周りの快適化です。キッチンと洗面脱衣室を近くして家事機能をコンパクト化すること。WCと洗面脱衣室を一体化することが、洗面脱衣室に広がりを持たせ、さらに浴室を広げるための省スペース化にもなりました。また洗面脱衣と浴室の境はすべてガラスとし、両室の壁、天井は同材のサワラを使い一体感を生み出し、一層の広がりを生み出しています。

リビング・ダイニング・キッチンスペース

「食べる、飲む、料理する事」が大好きなご夫婦が生活を楽めるために、ダイニングと分離していた調理スペースをリビングを含めた一体的なスペースに。既存の壁を取り払いリフォーム前の洗面脱衣室、台所のスペースを取り込み15畳大のワンルームを生み出しましたが、取払うことができない柱を、キッチンの竹格子スクリーンでセミオープンに。

開放的で木の質感がいっぱいのサニタリースペース

キッチンと洗面脱衣室を近くして家事機能をコンパクト化したリフォーム。浴室を広げるためWCと洗面脱衣室を一体化し広がりを出しながら、省スペース化を図りました。洗面脱衣と浴室の仕切りはガラスとし、両室の壁、天井は同材のサワラを使って一体感を生み出しています。

竹格子スクリーンでセミオープンなキッチンに。

「食べる、飲む、料理する事」が大好きなご夫婦が生活を楽めるために、ダイニングと分離していた調理スペースをリビングを含めた一体的なスペースに。既存の壁を取り払いリフォーム前の洗面脱衣室、台所のスペースを取り込み15畳大のワンルームを生み出しましたが、取払うことができない柱を、キッチンの竹格子スクリーンでセミオープンにすることによって柱3本を隠し、食器の受け渡し上どうしても隠せない柱は逆にシンボリックにデザインしました。具体的には柱の四隅を削って、八角形の断面にしながら空間に柔らかみを出し、すこし濃い色に染めています。

一体的な改修を施したリビング・ダイニング・キッチンスペース

分離していたキッチンを リビングダイニングと一体的なスペースにしました。ご趣味である陶芸作品を陳列する棚も設けています。

食べる、飲む、料理する事を楽しむ為のリフォーム

「食べる、飲む、料理する事」が大好きなご夫婦が生活を楽むために、ダイニングと分離していた調理スペースをリビングと一体的なスペースに合体。竹の格子で演出。

この専門家のプロジェクト一覧