注文住宅

【杉並の家】 木の軸組、縁側空間。日本の住文化を立体展開

手掛けた建築家

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)を担当

【杉並の家】 木の軸組、縁側空間。日本の住文化を立体展開 (庭から望むリビングダイニング)

庭から望むリビングダイニング

【杉並の家】 木の軸組、縁側空間。日本の住文化を立体展開 (リビングダイニング)

リビングダイニング

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)を担当

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都杉並区

敷地面積

103.79㎡

延床面積

120.2㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

期間

設計:6ヶ月 、施工:8ヶ月

完成時期

1999年03月

施工会社

三合建設

手掛けた建築家のコメント

設計、監理、インテリア、エクステリア(庭・外構)を担当

周囲に家が建ち並ぶ30坪の敷地に建つ、専用住宅です。
その中で、周囲からの視線を遮りつつ、室内と屋外とを開放的につなげることで、守られた安心の中で、広がりの感じられる住空間を展開しようと考えました。敷地が道より1,5m高かったため、この段差を利用し、半分土に埋めるように、コンクリート造で入口階(地階)をつくりました。その上に、木造で、開放的に、居間・食堂を形づくりました。
この居間・食堂は、広がりを生み出すため、南を全面ガラスにして、外に続くテラスに、庇と濡縁により、半屋外空間をつくることで、室内外の一体感が高まるようにしました。一方、テラスの木格子と手摺壁によって、外からの視線を隠すとともに、柱梁の水平垂直のリズムが生み出す安定感によって、守られた安らぎの感じられる住空間をめざしました。

規   模 :地上3階建
用   途 :専用住宅
敷 地 面 積 :103.79m2(31.40坪)
建 築 面 積 :51.64m2(15.62坪)
延 床 面 積 :120.20m2(36.37坪)
構   造 :木造 +RC造
施   工 :三合建設

photograph KAROKU KATO
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

施主の感想

シンプルで豊かな住宅であることが、何よりの望みでした。
最初の提案で、家の幅を2間にして、敷地の半分を外部にするプランを見た時は、
狭くないかと思いましたが、完成してみると、内と外が一体につながり、
本当に広がりのある住宅となりました。
専門家の力量に、感激しています。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅

所在地

東京都新宿区新宿5-10-10-4F

対応エリア

埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,400〜4,500万円

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

西島正樹/プライムさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

手掛けた建築家

西島正樹/プライム

@東京都