マンションリフォーム・リノベーション

リノベの最優先項目は「妻の実家の近くに住むこと」

面積:

80㎡

費用:

750万円

築年数:

38年

エリア:

東京都武蔵野市

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「リノベの最優先項目は「妻の実家の近くに住むこと」」

内容:

物件探しを始めたとき、もっとも優先したのはマンションの立地。「私の職場や、子育てをサポートしてくれる妻の実家へのアクセスのしやすさを考えると、中央線沿いのなるべく都心に近い駅付近であることは必須条件でした」と夫。

運良く巡り合った物件は、リノベーションによって専有面積の半分をリビングダイニングが占める、伸びやかな住まいに生まれ変わった。窓が3面あるので開放感があり、まるで戸建てのように感じられる。以前の間取りは3LDK。LDKが細長い形状だったため、専有面積が約80平米あるにも関わらず空間を手狭に見せていた。窓の位置との兼ね合いで、大型家具も置きにくそうだったという。

躯体コンクリート表しのごくシンプルな内装に、夫妻が厳選した家具や夫が自らデザインした照明器具が映え、まるでギャラリーのような風情だ。「内装はあえて最低限にしてもらいました。今後は、家族全員で少しずつ手を加えていく予定です」と夫。家族とともに成長し、ますます心地よい住まいになっていくだろう。

さまざまなサイズのボックスをつくり、壁に取り付けただけの飾り棚。取り付け工事はプロに依頼した。上部の梁の下端は購入時には削られていたが、リノベーションの際にほかの梁の位置に合わせて補修。

リビングダイニングは約40㎡。3面をバルコニーが囲み、各方向に掃き出し窓がある。躯体コンクリート表しの天井と壁に、パインフローリングが明るさと和らぎを加えている。

LDの入り口付近にある黒板塗装の壁。時計とR.C.Companyの5口スイッチプレートを組み合わせた。

キッチンにはそれほどこだわりがなかったので、安価でコンパクトなニトリのシステムキッチンを選び、間仕切り壁と組み合わせて構成した。小窓の上には収納棚も。奥に家電置き場や収納庫がある。

リビングダイニングの入り口付近からキッチンを見る。キッチン側は間仕切り壁で隠すようにし、子どもの様子が見られる小さめの窓をあけた。

夫が仕事や照明などの作品づくりをするためのワークスペース。パソコンスペースのほかに、手作業を行いやすいよう長いデスクを設けた。奥にはクロゼットも。

玄関の靴箱は上段がディスプレイ棚になっている家具的なデザイン(写真左手)。扉にデスクと同じ合板と黒を使ってほしいと希望した。飾り棚の後ろのガラスを通じ書斎が見える。

このプロジェクト事例を手掛けたリフォーム・リノベーション会社

EcoDeco(エコデコ)

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

私たちは、中古物件探しからリノベーションまでのトータルコーディネートサービスのパイオニアとして、恵比寿にオフィスを構えています。 サービススタートから数年が経過し、沢山のリノベーション会社が誕生した今。 まだまだリノベーションの知名度が低いことには変わりがありません。 EcoDeco は、その原因のひとつとして「ステップの煩雑さ」があると考えます。 リノベーションに関する知識は、お客さまだけでなく金融機関、不動産会社、設計会社 工務店などプロジェクトに関わる方の中でもあまり詳しくないという方がほとんどです。 広くリノベーションを知っていただくために、 EcoDeco はリノベーションをトータルコーディネートする会社であり続けます。 その責任こそが、EcoDeco の強みのひとつであると捉えます。

EcoDeco(エコデコ)

リフォーム・リノベーション会社 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード