キーワード:「バリアフリー」の読みもの一覧

キーワード:「バリアフリー」の読みもの一覧に関する読みものの一覧です。家づくりに関するアイデアや、知識、ノウハウなどを細かなカテゴリーで絞りこんで探すことができます。

老後も住みやすく。ライフスタイルの変化を見据えた家づくりのコツ

2019/01/28更新|2665 Viewrico.y

老後も住みやすく。ライフスタイルの変化を見据えた家づくりのコツ

定年退職や子供の独立を機に、住まいを買い替える方も増えています。購入時のライフスタイルにはぴったりだった家も、年月を重ねて家族の在り方が変化したことにより、住みづらさや不満が少なからず生じてくるからではないでしょうか。そこで今回は、そうしたライフスタイルの変化を見据えた、いつまでも住みやすい住宅を集めてみました。

合理的で、しかもきれい!バスルーム周りの快適空間づくり

2018/12/07更新|3926 ViewC.O.Barry

合理的で、しかもきれい!バスルーム周りの快適空間づくり

日本人は温泉やスーパー銭湯が大好き。ところが、たっぷりと張ったお湯に首までつかる入浴スタイルは世界的にも少なく、また、バスタブと洗い場がはっきり別れているのも欧米と異なる点です。独自のお風呂文化を育んできた私たちは、バスルーム周りの空間構成にもこだわりたいところです。

ユニバーサルデザインで高齢になっても快適な住宅に【その住宅、10年経っても最適ですか?】

2017/12/13更新|5138 ViewRYO

ユニバーサルデザインで高齢になっても快適な住宅に【その住宅、10年経っても最適ですか?】

住宅には様々な年齢、体格の人が同時に生活します。その中で、家づくりを計画する人が一番軽視してしまうのは、高齢者への配慮ではないでしょうか。例えば自分が30歳であれば、60歳の人の気持ちや体力を理解するのは困難だと思います。私は、高齢者の身体能力を体験する機会があり参加した経験がありますが、想像より遥かに辛かった覚えがあります。2世帯住宅で一緒に親と住まわれる場合はもちろん、10年後には自分が事故や病気でハンディキャップを負っている可能性もあります。少なからず、数十年先は自分も高齢者です。だれでも快適に過ごせる家づくりを目指しましょう。

今からしっかり考えよう!老後を意識した家づくりのポイント

2017/09/22更新|3703 View莉緒

今からしっかり考えよう!老後を意識した家づくりのポイント

今年の内閣府の発表によると、総人口に占める65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)は26.7%とされています。これによれば、日本人の4人に1人以上が高齢者ということになりますね。 長寿が珍しくない現代。自分が高齢者になったときに、どこでどんな風に暮らしたいのか、若いうちから考えて、備えておくことも大切なのではないでしょうか。 そこで今回は、高齢になっても自宅で快適に暮らせる工夫についてご紹介します。

バリアフリーのリノベーション実例集。実家リフォームにも役立つ、老後も豊かに暮らせる住宅

2017/09/16更新|20555 ViewSUVACO編集部

バリアフリーのリノベーション実例集。実家リフォームにも役立つ、老後も豊かに暮らせる住宅

世界有数の長寿国となった日本。加齢で身体の機能が低下すると、歩いたり、座ったりといった日常の動作でも負担が大きくなり、転倒などの危険も生じます。高齢者の住宅に限らず、将来を見据えてリフォーム・リノベーションでバリアフリー化することは、長く住み続けられる住宅の基本性能ともいえます。また、バリアフリー化された住宅は高齢者だけでなく、幼児や妊婦にとっても優しい住まい。少子高齢化社会において豊かな暮らしの基盤となるバリアフリー住宅のポイントを学んでおきましょう。

みんなが快適に暮らせる家。バリアフリーリフォーム事例集

2017/04/24更新|1763 Viewムトウユカリ

みんなが快適に暮らせる家。バリアフリーリフォーム事例集

高齢化社会が進むにつれ、必要になってくるバリアフリーリフォーム。条件によっては、国からの補助金や減税の対象にもなる嬉しいメリットも。せっかくするのであれば、オシャレで機能的なバリアフリーリフォームにしたいものです。また段差のない住まいは、小さなお子さんにも安心です。家族みんなが笑顔で暮らせるバリアフリーリフォームをご紹介します。

毎日使われるウッドデッキにしたいなら、ベンチを付けてみてはいかが?

2016/12/16更新|10944 View遠藤泰人

専門家フィーチャー

毎日使われるウッドデッキにしたいなら、ベンチを付けてみてはいかが?

アウトドアリビングとも称されるウッドデッキ。バルコニーやベランダなどの空間が、食事したり読書したりできる憩いの空間に変わるのが魅力で、DIYでも人気です。しかし、作り方を工夫しないと結局はあまり使われないスペースにもなってしまうので注意が必要です。ウッドデッキを存分に活用するためには、実はベンチを置くのが良いと、建築家の遠藤泰人さんは語ります。実例をもとにその理由について探っていきましょう。

リフォームいらず♪子供~シニアまで快適に過ごせる平屋のススメ

2016/08/17更新|4895 Viewruna77

リフォームいらず♪子供~シニアまで快適に過ごせる平屋のススメ

年を取ると若い頃には思いもよらなかったところに不便を感じることがあります。その時にリフォームするのではお金も時間もかかって大変ですね。平屋は階段がなくバリアフリーな間取りにしやすいので、小さなお子さんがいる家にもおススメです。家族みんなが心地良く暮らせる「終の住み処」を平屋で叶えましょう。

シニア世代が安心して暮らせるアイディア住宅

2016/01/08更新|5191 ViewMeru

シニア世代が安心して暮らせるアイディア住宅

住宅は見た目のおしゃれさも大切ですが、10年後、20年後を考えた家づくりをすることも大切です。特に子育てを終えたシニア世代が新たに家を造り替える時は、老後のことを考慮してリノベーションするケースがとても多いです。暮らしやすいアイディアを取り入れて、年をとっても安心できるような家を作りましょう。

住まいをリセット。シニア世代の充実した生活を応援するリノベーション7選

2015/10/27更新|2334 Viewkaworu

住まいをリセット。シニア世代の充実した生活を応援するリノベーション7選

会社をリタイアする頃は、子どもが独立し、それまでの子ども中心の生活から夫婦二人の生活へとライフスタイルが大きく変化する時でもあります。ライフスタイルの変化に合わせて住まいもリノベーションしたいものですね。定年後の長い人生を快適な空間で、健康的で豊かに暮せるようにリノベーションした住まいをご紹介します。

シニア世代になる前に!バリアフリーで長く住める家づくりをしていきましょう。

2015/10/15更新|2999 Viewta_sa

シニア世代になる前に!バリアフリーで長く住める家づくりをしていきましょう。

バリアフリー対策はお済みですか?最近は、新築の家のほとんどがバリアフリー対策を行っています。「シニア世代になる前に我が家も対策をしなければ!」と思ってはいても、なかなかリフォームに踏み込めないという人も多いはず。しかし、高齢になってからの対策はとっても大変。バリアフリーリフォームの助成金もある今のうちに、バリアフリー対策を進めてみてはいかがでしょうか。

効率よく仲良く暮らす二世帯住宅の極意

2015/04/08更新|2744 ViewSUVACO編集部

効率よく仲良く暮らす二世帯住宅の極意

何かあった時に心配だから、両親と一緒に暮らしたい。結婚して子供が生まれたから、近くに住んで一緒に面倒を見てほしいなど、様々なきっかけで二世帯住宅を考える場合があります。2つの家族が同じ家に住むので便利な部分も増しますが、互いを気遣うがために過干渉になってしまったり、生活習慣が合わないなどの問題も…。なるべく摩擦なく過ごすためには、自分たちの家族の在り方をよく知り、それに合った家づくりをすることが大切です。二世帯住宅で心地良く過ごすために気を付けたい、5つの家づくりのポイントをご紹介いたします。

将来の変化を見据えた賢い家づくり ~子供の成長から老後まで~

2015/03/17更新|6445 ViewSUVACO編集部

将来の変化を見据えた賢い家づくり ~子供の成長から老後まで~

結婚や出産などの人生の転機をきっかけに、家を建てたりリノベーションに踏み切る人は少なくありません。しかし、5年、10年とその家で暮らしていくうちに、また新たな変化が訪れる時がきます。子供が成長して家が手狭になったり、同居していた両親が年老いて階段が辛くなったり、昔は満足していた家に不便を感じるようになるかもしれません。そういった将来の変化をある程度予測し、10年後にも対応できる家づくりを目指しましょう。きっと将来、その賢い選択に助けられる時がやってきます。

連載一覧

住まいの記事 カテゴリー一覧

キーワードで検索

絞り込む

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る