#00a497 (リビング_土間)

リビング_土間

#00a497 (アプローチ_通り土間(夜景)(撮影:野村 和慎))

アプローチ_通り土間(夜景)(撮影:野村 和慎)

#00a497 (アプローチ_通り土間)

アプローチ_通り土間

#00a497 (ファサード(夜景)(撮影:野村 和慎))

ファサード(夜景)(撮影:野村 和慎)

#00a497 (ファサード(撮影:野村 和慎))

ファサード(撮影:野村 和慎)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

広島県広島市

費用

設計・施工:6556万円

延床面積

266㎡

敷地は南区翠にあり、面積は広いが形状は細長い敷地だ。主なご要望として、和風・自然素材の使用・茶室・庭などの他に、「水害対策」や「長期優良住宅」があった。
外観のデザインにこだわりながら、近年、頻繁に起こっている水害に考慮し、生活スペースの床を元のレベルより130cm程上げた。
また、外壁は小舞を掻いて土壁を塗り、漆喰で仕上げた。長期優良住宅の基準を満たすために、土壁の外側に羊毛の断熱材を使い、それぞれの性能を生かせるようにした。
建物正面の引戸を開けて中に入ると、京都の町屋にある通り土間のような空間に入る。正面の吹抜から光が落ち、さらに進むとその奥の庭が見えてくる。LDKには土間スペースがあり、土間と庭のデッキがつながり、敷地にそった細長い部屋に奥行きを持たせる。

庭は川石を敷き、木の塀に向かって土を盛り上げて奥行き感を出した。通勤に毎日通るこの道は、季節ごとに様々な景色を魅せてくれる。・・・タイトルの「#00a497」は、日本の伝統色、あおみどりのカラーコード 。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

髙志 俊明

髙志 俊明

広島県を中心に建築企画・設計・監理を行っている設計事務所です。 本当に良い建築とは、住宅とは?若い発想力で皆様の夢をカタチにします。犬小屋から超高層ビルまで・・・ご相談ください。

所在地

広島県広島市中区八丁堀3-8-204

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

髙志 俊明さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

髙志 俊明

建築家 / @広島県