注文住宅

中野の家Ⅲ 高台の旗竿敷地の住宅。高台の利点を活かし家族の思いを詰込んだ

エリア:

広島県

内容:

敷地面積は大きいが、旗竿地であり、敷地の多くの部分が擁壁+法面で実際に建築できる範囲は限られている。敷地形状に対して素直に建物を配置し、旗竿部分を駐車場、法面を芝生+植栽として配置を計画した。住宅内部に入ると1階には畳コーナーのついたLDK、LDKからは大きな窓を通して向かいの山が見え季節の変化を感じることができる。2階は寝室+フリースペースとし、フリースペースは将来的に子供部屋とできるように電気・空調・構造の計画をしている。

季節の良い時期にはリビングと一体に使うことのできるウッドデッキテラス

大開口でウッドデッキテラスとつながる
向かいの山々が見え、季節を感じられる

シンプル且つナチュラルなスケルトン階段

リビングと一体的に利用できるウッドデッキテラス

この住宅事例を手掛けた建築家

髙志 俊明

建築家 / @広島県

広島県を中心に建築企画・設計・監理を行っている設計事務所です。 本当に良い建築とは、住宅とは?若い発想力で皆様の夢をカタチにします。犬小屋から超高層ビルまで・・・ご相談ください。

髙志 俊明さんの住宅事例

髙志 俊明さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード