注文住宅

spiral らせんのいえ

費用:

2500万円

実施エリア:

三重県

実施時期:

2007

内容:

秘密の扉を開けて入った中庭を中心に、全ての部屋が有機的につながる。
部屋は徐々に天井が高くなりやがて二階になるというふうに、らせん状に部屋がつながる空間構成になっています。

外観写真

住宅団地の方形敷地に建つ住宅。
車移動がメインで来客の多いこの家族のライフスタイルに合せて、南側の敷地前面を広く開けて駐車スペースをとりました。
前面が団地近隣センターで人通りがあるのでプライバシーを確保したい意図から外部に対しては閉じるコートハウス形式にすることは計画当初から目指していましたが、そのことと機能上住まいを開放することを両立することが設計テーマのひとつとなりました。
そこで「必要な時にはドアになる壁」として、住宅規模ではあまり使わない巨大な親子ドアを設置しました。
また道路面に対しては軒を低く抑えて奥に行くほど階高を上げていくというルールを設定したことから、中庭を中心に諸室の配置が決定していきました。
外部仕上げは海に近いこの地域の気候に合せて、対候性ガルバリウム鋼板の屋根と光触媒塗装の外壁としています。

外観写真(夜景)

天井が低いほうが好ましい空間→前面
高いほうが心地よい空間→中間
2層必要な空間→背面
というルールに従って検討した結果、
建物はそれぞれの空間がらせん状に積み上がって構成されています。

開く壁

一見、外壁の一部に見えるこの壁面ですが・・・

開く壁

必要に応じて大きく開くことが出来ます。

中庭

玄関を入るとコートヤード(中庭)。ここが住まいの中心となり、全ての部屋に直接アクセスすることが出来ます。

中庭(夜景)

コートヤードは完全に外から遮断されています。
プライベートな空間です。

内部からコートヤードを見る

中庭形式とすることで、リビング、ダイニング、キッチン、個室などが付かず離れずの距離感で心地良くつながります。
外の喧騒から切り離された静かで穏やかな空間。

リビング

リビング部分。建物の中間に位置して天井が斜めに上がっていきます。
床材はざっくりした風合いのミモザ無垢オイル仕上げ。壁天井はエッグシェルペイント。
奥に仏間と納戸があります。

和室(仏間)

月参りの際にプライベートな部分を通過せず仏間にアクセスできるように、というのも中庭形式の理由のひとつでした。
三帖という面積から天井を低く抑えたミニマムな空間としました。
床は方形畳を染色したもの。

リビング

リビングの反対側。
ダイニング・キッチンとつながりつつ、視線は中庭越しになるように。
天井が上がっていく先には2階が見えます。
テレビが設置してある壁は背面を階段として、内部にパントリーを設定しています。

キッチン

料理好きな施主の要求を満たすものとして、耐久性のあるステンレスキッチンと背面に大きな作業台を設置しました。キッチンの延長としても使えるダイニングテーブルは家具用の合板で製作。壁面はオレンジ色のスパニッシュタイルをアクセントに。

水まわり

水周りは浴室・洗面・トイレが一室となった形式。
琺瑯バスタブを埋め込み、サッシュで間仕切った開放感のある心地良い空間。

階段

裏側にパントリー(食品庫)を設置した階段。
階段の蹴込みを乳半アクリルで仕上げ、パントリー照明と兼用することで夜間も安全に。

ゲストルーム

階段を上がるとゲスト用のベッドコーナー。間仕切りを兼ねた書架は製作したもの。その奥に小部屋が見えます。

ワークスペース

書架のこちら側は趣味の作業スペース。
階下のリビングと立体的につながっています。
2階は床材を少し柔らかめのアッシュ無垢、オイル仕上げとしました。

ベッドルーム

らせん状の空間の連なり、その最後に隠し部屋のようなベッドルームを設定。
淡いピンク色に塗装した室内に、北欧アンティーク家具が映えます。