二世帯住宅

大山の二世帯住宅

内容:

渋谷区の閑静な住宅街に建つ40代の夫婦二人と妹の二世帯住宅。 内向きのコートハウスとして外からの視線を、またスキップフロアで向かい合う高さを変え世帯間の視線をそれぞれ制御。さらに工費縮減を目指して、敷地内高低差を活かし掘削を回避し、構造も半地下の一部をRC造とした以外、在来木造で計画しました。

両世帯とも中庭の他にプライベートなテラスがあり、外部空間も目的別に使い分けられます。3層の兄世帯には螺旋階段の位置に将来エレベーター設置予定で、その際に備えたスロープを含め、動線は両世帯とも一筆書きでループできる回遊式とし、背中合わせでありつつ互いにストレスなく暮らせるよう、工夫しました。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

相坂研介

建築家 / @東京都

住宅はお施主様にとって非常に大きな買物ですから、本質ではなく経済原理によって知らずに候補の絞られた カタログやモデルルームの数少ない選択肢の中から「選ぶ」ようなものであってはならないと思います。 我々は「長く住み続けられる家」を、既成概念でも流行でもなく、「本質」に基づき、 施主様と共に設計したいと思っています。