二世帯住宅

大山の二世帯住宅

内容:

渋谷区の閑静な住宅街に建つ40代の夫婦二人と妹の二世帯住宅。 内向きのコートハウスとして外からの視線を、またスキップフロアで向かい合う高さを変え世帯間の視線をそれぞれ制御。さらに工費縮減を目指して、敷地内高低差を活かし掘削を回避し、構造も半地下の一部をRC造とした以外、在来木造で計画しました。

両世帯とも中庭の他にプライベートなテラスがあり、外部空間も目的別に使い分けられます。3層の兄世帯には螺旋階段の位置に将来エレベーター設置予定で、その際に備えたスロープを含め、動線は両世帯とも一筆書きでループできる回遊式とし、背中合わせでありつつ互いにストレスなく暮らせるよう、工夫しました。