写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

松戸駅前繁華街の密集した敷地・斜線で制限される高さの中に、医院・親住宅・子住宅の3世帯を詰め込むビルが求められました。

明快なゾーニングによる機能的で効率的な動線設定とするとともに、限られた容積・予算を最も効率的に使うため、LDKと寝室群の天井差を利用したり、水回りを片側に集めたり、用途ごと異なる部屋の縦横・高さを、適切にはめ込むことで、外壁面積から設備配管まで含んだ建設総コストを最小限に抑え、メリハリある合理的立体構成を実現しました。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

相坂研介

相坂研介

住宅はお施主様にとって非常に大きな買物ですから、本質ではなく経済原理によって知らずに候補の絞られた カタログやモデルルームの数少ない選択肢の中から「選ぶ」ようなものであってはならないと思います。 我々は「長く住み続けられる家」を、既成概念でも流行でもなく、「本質」に基づき、 施主様と共に設計したいと思っています。

所在地

東京都千代田区麹町1-3-11-2F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

相坂研介さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

相坂研介

建築家 / @東京都