二世帯住宅

永福の二世帯住宅

内容:

断面的には、床が平らな1階親世帯、そこに変化を与える天井に応じ床が持ち上がる2階子世帯からなる重層長屋の二世帯住宅。

平面的には、細長い敷地で全ての部屋に外気や日照を届けるため「図(建物)」と「地(外部)」を同時に考え、条件・用途から建物以外を性格の違う外部として適切に分割して窓を向け、残りをジグザグな壁で縫い合わせつつ、変化する断面の構造体とし、敷地内で建物と外部の双方を互いに活かしきる計画としました。
また各世帯の玄関は真逆で境界を間に挟むため、家族構成の変化で将来部屋のやりとりも可能で、長く使いこなせる住宅です。