注文住宅

サンチャノヤネ

サンチャノヤネ (玄関ドア)

玄関ドア

玄関ドア。 建物の角をちょっと削って入り口をつくりました。

サンチャノヤネ (外観)

外観

1つの敷地を2つに分割し、親戚が隣り合って住む2軒の住宅です。 それぞれ特徴を持たせながら、違和感のない色や素材、モチーフを使っています。

サンチャノヤネ (モルタル仕上げの土間兼玄関)

モルタル仕上げの土間兼玄関

1階の玄関兼土間。 猫の遊ぶスペースとして、また 引戸をあけるとアトリエ(仕事場)と一体になり、仕事場の打合せスペースにもなります。

サンチャノヤネ (階段途中の小さな居場所)

階段途中の小さな居場所

階段の途中に路地を見下ろす小さな居場所があります。 北側のやさしい光の下での読書。 1階の土間やアトリエ、2階のダイニング、リビングを繋ぐスペースです。

サンチャノヤネ (大きな屋根の下のLDK)

大きな屋根の下のLDK

2階は大きな屋根の下に、リビング兼客間、水廻りの2つの小さな屋根があります。

サンチャノヤネ (リビングからダイニングへ)

リビングからダイニングへ

リビング兼客間からダイニング、テラスを見る。 リビングや大きな折れ戸(子扉付)で仕切り、客間としても使えます。 造り付けの畳ベンチは、下部が収納になっており、ベッドになります。

サンチャノヤネ (リビングからダイニングへ)

リビングからダイニングへ

リビング兼客間からダイニング、テラスを見る。 リビングは大きな折れ戸(子扉付)で仕切り、客間としても使えます。 造り付けの畳ベンチは、下部が収納になっており、ベッドになります。

サンチャノヤネ (仕切って客間になるリビング)

仕切って客間になるリビング

リビング兼客間は大きな折れ戸(子扉付)で仕切り、客間としても使えます。 造り付けの畳ベンチは、下部が収納になっており、ベッドになります。

サンチャノヤネ (大きなテーブルのダイニングとキッチン)

大きなテーブルのダイニングとキッチン

ダイニングからキッチンを見る。 オリジナルのダイニングテーブルは、食卓、勉強机、奥様のワークデスクとして使えるよう、視線やアクティビティからカタチが生まれています。

サンチャノヤネ (大きなテーブルのダイニング)

大きなテーブルのダイニング

ダイニングからリビング、階段を見る。

サンチャノヤネ (キッチンから水廻りへ)

キッチンから水廻りへ

キッチンはステンレス天板のオリジナル。 奥の白い小屋の中は収納、洗面脱衣、浴室、WC。

サンチャノヤネ (リビング兼客間)

リビング兼客間

リビングは大きな折れ戸(子扉付)で仕切り、客間として使います。 造り付けの畳ベンチは、下部が収納になっており、ベッドになります。

サンチャノヤネ (階段)

階段

階段踊り場からダイニングを見る。 階段踊り場ベンチは1階の土間、アトリエ、2階のダイニング、リビングが見える、小さな居場所です。

サンチャノヤネ (階段踊り場ベンチ)

階段踊り場ベンチ

階段踊り場ベンチは1階の土間、アトリエ、2階のダイニング、リビングが見える、小さな居場所です。

サンチャノヤネ (アトリエ)

アトリエ

土間からアトリエを見る。 引戸をすべて引き込むと土間とアトリエが一体になります。

サンチャノヤネ (テラス)

テラス

2階テラス。 光を取り込みながら、周辺からの視線は遮られるように手摺壁の高さをデザインしています。 小庇には簾やタープをつけられるようになっています。

サンチャノヤネ (外観)

外観

同時に設計した2つの住宅は、中央にヴォイドをつくり、それぞれに光と風が入るように凹凸をつけています。

サンチャノヤネ (夜景)

夜景

夜景。 街の風景の一部になることを配慮して窓をデザインしています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
16

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, インテリア

用途

SOHO

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都世田谷区

延床面積

99㎡

階数

2階建て

間取り

2LDK

期間

設計:10ヶ月 、施工:6.5ヶ月

完成時期

2016年12月

施工会社

山崎工務店

「サンチャノヤネ」は小さなお子様と30代のご夫婦、2匹の猫のためのアトリエ付住宅で、街の屋根並みを住宅内部に映し込んだような内部空間が展開します。
1つの敷地を相続により2分割し、親戚同士が隣り合って住む2軒の住宅のうちの1軒で、戸建住宅、アパート、マンションなど多様なスケールの住宅が密集した街の中で、街を感じながらも豊かな内部環境のある住宅をつくろうと考えました。2つの住宅の間のヴォイド、屋根や壁、窓を譲り合って配置することで、それぞれに光や風を取り入れています。

出窓やテラスによって住宅内部と街の間にスペースを設けることで、街との距離をつくりながら、内外を繋げています。
1階には寝室とご主人のアトリエ、猫達の部屋があり、それらをつなぐように広い土間兼玄関があります。土間は猫達の遊び場になったり、ご主人の仕事の打合せスペース、ベビーカー置き場などライフサイクルに合わせて多様な使い方のできる余白のスペースです。

2階にはLDKと水廻りを配置し、大きな屋根の下に小さな屋根が重なる風景をつくっています。オリジナルのダイニングテーブルは、食卓としてだけでなくお子さんの勉強机、奥様の仕事デスクとして、いろいろな活動の場となるように、視線とアクティビティから生まれたカタチです。
造り付けの本棚+テレビ台、畳のベンチ兼ベッドのあるリビングは、扉で仕切り客間として使えます。
1階と2階を繋ぐ階段には、路地を見下ろす小さな居場所があり、仕事場や土間とLDKを繋げます。

いい家!
16

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

比護結子

比護結子

生活することに幸せを感じられるような、美しく豊かな空間をつくっていきたいと思います。

所在地

東京都江東区北砂6-14-5

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

比護結子さんのそのほかの住宅事例

cotoiro

そのほか住宅事例

1750万円 / 85㎡

キチ001

戸建リノベーション・リフォーム

1200万円 / 45㎡ / 築33年

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

比護結子

建築家 / @東京都