注文住宅

庭と繋がるテラスハウス

実施エリア:

茨城県取手市

実施時期:

平成25年4月

延床面積:

124平米

内容:

1.光と風が通り抜ける家:
O邸はご夫婦とお母さまと犬(コーギー)が暮らす住宅です。東日本大震災での罹災を契機に築40年のお住まいを建替えました。主なご要望は、ご夫妻が仕事で不在の日中にお母さまが安心して暮らせる地震に強く安全な住まい。広い庭と室内との連続性を感じられること。明るく風通しがよく、省エネルギーに配慮すること、等です。
2.平屋、庭と繋がるテラス:
 広い敷地を活かし耐震性やバリアフリーにも有利で庭との連続性も確保できる平屋のお住まいを提案しました。南側には庭と繋がったタイル貼りの広いテラスを設け、テラスの一角の小さな中庭にシャラの木を植え玄関やリビングからも樹木が間近に楽しめる仕掛けになっています。建物は玄関を中心に庭を包むように緩く屈曲していてLDK等のパブリックゾーンと寝室等のプライベートゾーンに分かれています。プライベートゾーンの南側にはサンルームを設け庭の景色を楽しみながら趣味の作業や室内干しなど多目的に利用できます。
3.パッシブソーラー、自然素材:
リビングの天井は杉板貼りの傾斜天井になっておりハイサイド窓を通して光と風が室内を通り抜けます。
パブリックゾーンの屋根には空気集熱式ソーラーシステム(そよ風)が搭載され、太陽熱を床下に蓄熱して暖房等に活用しています。