宇野健一さんのプロフィール

Pro

建築家

宇野健一

有限会社アトリエグローカル @東京都

空間から場所へ
アトリエグローカルの目指す設計は、見た目の格好よさだけを重視したカタチ優先のデザインではありません。人が暮らし、様々な生活行為が営まれることで、はじめて空間は場所へと命を吹き込まれると考えます。
私たちは、心地よく、楽しく、安全で、夢や思い出がたくさん詰まった「場所づくり」を目指します。

地域から地球へ
建物の建つ場所の気候風土、まち並み、コミュニティなど様々な地域特性との調和を大切にした設計を心がけます。一方、ひとつの建物をつくることは、資源・エネルギー・温暖化などの地球環境、あるいは世界経済などとも深く関連します。私たちは設計活動を通して地域に根付きつつ、地球の将来に対しも責任ある態度で貢献したいと考えます。これは私たちの事務所の名の由来でもあります。

プロセス重視の設計手法
私たちは、お客様との対話や共同作業(ワークショップ)などを通して、お客様のニーズを的確に理解し、時にはお客様と一緒に新たなニーズを発見しながら設計を進めたいと考えます。建築家からの一方的な提案や、お客様のご要望を表面的になぞるだけの設計は行いません。
お客様とのコミュニケーションが、建物への思い入れや愛着を育む一助になるような設計プロセスを心がけます。

サービス概要

建築の企画・設計・工事監理
都市計画/地域計画に関する企画・計画/その他調査研究

対応可能業務

注文住宅

住所

〒176-0033
東京都 練馬区 栄町32-3森ビル3F

サービス提供エリア

全国

資格

一級建築士、管理建築士

こだわり

■自然素材を使う
日常生活の場である「住まい」は、やすらぎを感じられる空間であることが大切です。木や土や石などの自然素材は温もり/肌触り/香りなどが人に優しく、やすらぎの空間づくりにとって欠くことのできないたいへん重要な要素です。
また地域や国内で管理育成された木材の活用は、再生可能な資源であり地域の生態系の循環サイクルの保全や林業などの地場産業の育成持続にも貢献するという生態的/社会的に大きなメリットもあります。
さらに地元の自然素材を活用することは輸送にかかるエネルギーの省力化にも貢献し、二酸化炭素排出量の抑制にも効果があります。

■環境に配慮する(エコロジー:光・風・太陽熱利用・断熱・雨水利用・・・)
私たちの身のまわりに存在する太陽の光、風、地熱などの自然エネルギーを有効に活用したりコントロールする建築形態を工夫し、加えて建物の断熱性能の向上を図ることにより、エアコンや石油ヒーターなどの化石燃料依存型の空調機器に過度に頼らなくとも、夏涼しく冬暖かい家づくりを目指します。さらに太陽光発電や空気集熱ヒートポンプの熱源機器などの新し省エネ環境技術や雨水タンクなどのローテクな仕掛けなども積極的に導入し、ほどほどに快適でありながら環境負荷が小さい家づくりをお客様と一緒に工夫・提案します。

■丈夫な骨組をつくる
住まいは、地震や台風などの自然災害から住み手を守り、また一生の財産として、丈夫で長持ちすることがたいへん重要です。表面のデザインや仕上げ材料にばかりこだわるのではなく、しっかりとした骨組みをきちんと作ることが家づくりの基本であると考えます。アトリエグローカルは国産材を中心とした骨太な構造材料をシンプルに組み合わせた架構により、丈夫でかつ時間の経過に耐え得る骨組みの設計を心がけています。具体的な構造強度の基準としては、長期優良住宅でも基準とされる構造等級2程度を目安とし、必要に応じて木造2階建て以下の建物であっても許容応力度計算をおこない建物強度を定量的に確保します。

■今あるものを大切に使い続ける:リフォーム/耐震診断・補強
愛着や思い出のたくさん詰まった建物を取り壊してしまって建て直すのではなく、耐震補強や設備の更新を行いながらリフォームによって大切に使い続けることは、これからの時代の価値観に適合していると考えます。また中古住宅や中古マンションを購入してリフォームすることも住まいづくりの新しい手法として注目されています。アトリエグローカルでは耐震診断や耐震補強に取り組み、リフォームによる住まいづくりに積極的に関わっています。

■街並みとの調和
日常生活の場で美しい街並みの中に暮らすことは住み手に大きな喜びと誇りをもたらし、住宅の資産価値の向上にもつながります。一軒一軒の家のデザインや庭の緑などが集まり連続することにより街並みが形成されることを意識して周囲と調和したデザインの家づくりを目指します。

■コミュニケーションの仕掛け
地域においても住まいにおいても、人と人の交流=コミュニケーションは豊かな生活にとって欠かせない重要な要素です。かっこいいスタイリッシュな空間であっても、そこに生き生きとした住まい手の活動が組み込まれていなければ真の人の居場所とは言えません。アトリエグローカルはハードとしての空間づくりではなくソフトとしての場所づくりを目指して、コミュニケーションの仕掛けを空間に組み込みたいと考えています。

■室内と屋外をつなぐ中間領域/楽しい庭づくり
花や緑に囲まれて暮らすことや、ガーデニングや家庭菜園づくりなどの自然との触れ合いは、生活に潤いやリズムを与えてくれます。建物単体のデザインだけにこだわるのではなく緑豊かな屋外空間づくりや、室内と庭をつなぐウッドデッキのような楽しい中間領域づくりにもこだわり、敷地全体が豊かな生活空間となるような住まいづくりを提案します。

目安の予算(建築家の場合は設計料)

工事費の10~12%

経歴

昭和39年 生まれ
昭和58年 神奈川県立湘南高等学校卒業
昭和63年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
平成 2年 神戸大学大学院工学研究科環境計画学科修了
平成 2年~ 平成12年 株式会社現代計画研究所勤務
平成12年 有限会社アトリエグローカル設立

受賞歴

・第26回住まいのリフォームコンクール優秀賞(2009) :上田市H邸
・信州型エコリフォームコンペ(2009)優秀賞 :同上
・住まいの環境デザイン・アワード2008東京ガス特別賞 :鵠沼I邸
・彩の国景観賞2005 心に潤い部門 :新座リバーサイド団地集会所
・第22回住まいのリフォームコンコンクール・マンション共用部門優秀賞:同上
・第19回住まいのリフォームコンクール居室部門優秀賞 :辻堂U邸

雑誌掲載・著書

・SUMO:住まいの設備を選ぶ本2012年4月(リクルート社):鎌倉佐助T邸
・チルチンびと別冊40 だからOM 安心の家づくり2011年12月(風土社):上田市H邸
・チルチンびと別冊35 OMソーラーの家づくり2010年12月(風土社):上田市H邸
・「最高に心地のいい家」をつくる方法2010年12月(主婦の友社):chapter3機能と設備の監修
・KiZuKivol.3 2010September(OMソーラー): 上田市H邸
・はじめてのRe;Form2010年9月(主婦の友社):高野台U邸+上田市H邸
・チルチンびと61号 2010/6月(風土社):上田市H邸
・日経NET「こだわりのデザイナーズ住宅」2010/3/4:藤沢市T邸
・月間OM(2009/4月・12月、2010/1月・2月号):上田市H邸
・はじめての家づくり2009冬号(主婦の友社):新座市S邸
・リビング信州2009(信濃毎日新聞社):上田市H邸
・北欧テイストの部屋づくりVOL2(ネコ・パブリッシング):同上
・ミセス2009/11月号(文化出版局):同上
・はじめての家づくり2009秋号(主婦の友社):藤沢市T邸
・居心地のいい部屋2009/8月(ダイヤプレス):上柚木Y邸
・別冊宝島 不動産は不況のときが買い時2009/4月(宝島社):同上
・NHK総合テレビ「経済ワイドビジョンe」2009/4/25:クラブツーリズムカフェ相模大野
・NHK総合テレビ「くらしと経済」2003/2/7:辻堂U邸

趣味

スキー、登山

ナチュラルスタイルでゆったり暮らす

注文住宅事例

説明: 1.既存建物の切断・敷地分割による建替え
周囲に豊かな緑が残る閑静な住宅地にN邸はあります。200坪を超える広い敷地にオーナー住宅とメゾネット型賃貸住宅が一体になっていた既存建物のオーナー住宅部分を切断・解体して別棟として専用住宅を建替えました。建築基準法上ふたつの敷地に分けて申請し、将来的な相続等にも柔軟に対応できるように配慮しました。風致地区に指定されている緑豊かな街並み景観を維持するためにも道路沿いにある大きな松の木はそのまま残しました。松の木の奥に板張りの外壁が垣間見える景観が印象的です。
2.ナチュラルスタイルでゆったり暮らす
 N様ご家族の最大のこだわりは大きな吹き抜けと ...

実施時期: 2014

登録部屋数: 7

庭と繋がるテラスハウス

注文住宅事例

説明: 1.光と風が通り抜ける家:
O邸はご夫婦とお母さまと犬(コーギー)が暮らす住宅です。東日本大震災での罹災を契機に築40年のお住まいを建替えました。主なご要望は、ご夫妻が仕事で不在の日中にお母さまが安心して暮らせる地震に強く安全な住まい。広い庭と室内との連続性を感じられること。明るく風通しがよく、省エネルギーに配慮すること、等です。
2.平屋、庭と繋がるテラス:
 広い敷地を活かし耐震性やバリアフリーにも有利で庭との連続性も確保できる平屋のお住まいを提案しました。南側には庭と繋がったタイル貼りの広いテラスを設け、テラスの一角の小さな中庭にシャラの木を植え玄関やリビングからも樹木が間近に楽し ...

実施時期: 平成25年4月

登録部屋数: 12

ピアノと暮らす家

注文住宅事例

説明: 1.変則的な敷地条件を逆手にとって: 
土地探しから家づくりをはじめたK様ご夫妻が、環境を気に入っていた江古田~桜台周辺で出会った敷地は、幅4mの袋小路の突き当たりの大きな土地を2分割した台形状のもので、互いの敷地にはみ出さないとそれぞれの敷地に自動車が出入りできないため、道路に接する部分の所有はそれぞれ分かれているが共用地として利用することを条件付けられた変則的な敷地でした。実際に現地に行ってみると、通りから奥まっていてなんとも落ち着いた静かな雰囲気で、K様ご夫妻はとても気に入りこの敷地を購入されました。敷地面積の約1/4が共用地として建物を建てることが制限され、残った地型は台形という変則 ...

実施時期: 平成24年10月

登録部屋数: 12

回廊バルコニーで緑と接する2世帯住宅

二世帯住宅事例

説明: 1.緑豊かな周辺環境を取り込む
東側に隣接する広大な敷地の屋敷林や、道路を挟んで北側の児童公園の緑など、F邸の周囲には豊かな緑の環境が広がっています。
 親世帯/子世帯ともリビングダイニングをそれぞれ2階に設け、建物の周囲に回廊状のバルコニーを巡らすことで、この恵まれた緑の環境を住まいに取り込み、屋外と連続した湘南らしい暮らしを実現しました。
2.木質素材の質感を活かす
 F邸は海岸から数百メートルに位置し、心地よい海風や明るい日差しに恵まれている半面、潮風による塩害対策を考慮しておく必要あります。塩害に強い材料としてF邸では天然木サイディングの外壁や、木製のバルコニー手摺等を採用して ...

実施時期: 平成25年6月

登録部屋数: 12

街角バルコニー(都市型2世帯住宅)

二世帯住宅事例

説明: 1.「文士村」に建つ都市型2世帯住宅: 
大正から昭和にかけて井伏鱒二や太宰治等の著名な小説家が多く住み「文士村」と呼ばれていた閑静な住宅地にF邸はあります。従前のお住まいも2世帯住宅であり、今回は新しい世代による2世帯住宅への建替えです。比較的高密な画地割の住宅街なので、特に1階の親世帯住宅において効率よく日照を得て通風を確保できる建物配置や形状を検討した結果、敷地南西の交差点と南東の前面道路がクランクする部分が最も日照条件が良いので、可能な限り南面幅を広く取って東西両端に主要居室を配したシンプルな横長の長方形のボリュームが導き出されました。限られた面積の長方形ボリュームの中に上下階に分か ...

実施時期: 平成25年6月

登録部屋数: 10

家族と犬がのびのび暮らすパッシブソーラのエコリフォーム

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 母屋と離れに分かれていた大きな2世帯住宅を一体化し広いリビングダイニングを設けました。また使われていなかった2階を主寝室や子供部屋に再生し、格式のある1階の座敷や広縁などはそのままの状態を残しました。リビングダイニングは小さな中庭や新たに補強した耐震壁などによって広い空間をいくつかのコーナーに分節することで落ち着いた心地よいスケール感の空間となっています。
 屋根面で集熱した太陽熱を床下経由で室内に循環させるOMソーラーシステムや南面した広い土間テラスでの太陽熱のダイレクトゲインなどのエコロジカルな仕掛けを導入し、冬は薪ストーブ+エコシステムによって石油ヒーターやエアコンを使わない生活を目指 ...

実施時期: 平成21年3月

登録部屋数: 11

緑豊かな敷地環境を継承する木造スケルトンハウス

注文住宅事例

説明: 緑豊かな広い庭に囲まれた瓦屋根の母屋と連続した敷地に建つ子世帯の住宅です。
 湘南鵠沼でも今では珍しくなってしまったこの素晴らしい環境と景観を大切に継承するため、敷地にはできる限り緑を残しつつ、建物は天然木のサイディングを貼ったナチュラルな佇まいとしました。
 内部は床・壁・天井を構造材を素のまま表した木質スケルトンの仕上げとしています。間仕切りの少ないこのスケルトン空間は明るく風通しがよく湘南の温暖な気候風土に適していると共に、将来に対する高いフレキシビリティを持っています。
 施主自らがフローリングの塗装や、キッチン・洗面台・クローゼット(byIKEA)の組み立て、照明器具の選定/ ...

実施時期: 平成21年3月

登録部屋数: 10

本のギャラリーのある湘南の家

注文住宅事例

説明: 2.本のギャラリーのある湘南の家:
 本が大好きな父娘のための本のギャラリーは南側の吹抜け(陽だまりヴォイド)を介して1階のダイニングキッチン~リビングへとつながっていて、家族が思い思いの時間と空間を過ごしつつもなんとなく互いの気配を感じあっていられるような、柔らかいつながりが実現しました。
2.“室内微気候”を調整する環境装置:
 家の中央南側に設けた「陽だまりヴォイド」は、湘南の温暖な気候(光・風・日射)を室内にたっぷり取り込むパッシブ装置としても機能し、空調機器に過度に頼らない自然な暮らし方を可能にします。
3.“まち”と“いえ”をつなぐ: 
 奥様の主催するフラワーアレンジメ ...

実施時期: 平成18年12月

登録部屋数: 10

木質スケルトン+DIYでつくるこだわり空間

注文住宅事例

説明: 木質スケルトン+DIYでつくるこだわり空間:
多趣味で超こだわり派で料理人のご主人と、パティシエでものづくりセンス抜群の奥様の隠れ家的自然住宅です。ご要望ははっきり言って盛りだくさん、選び抜いた薪ストーブ、1800ccのビックバイクのビルトイン、ウッドデッキの中庭、プロ仕様の厨房機器、外部に出れる浴室、大型自作PCの操作コーナー、サラウンドAVシステム、膨大なキャンプ道具の収納、調べ尽くしたセルロースファイバー断熱材などなど、そして空間は100%木に包まれた家。
 これらの膨大な夢を限られた空間とコストにギュッと詰め込むため、施主自らもCADソフトを操作し設計者と図面のキャッチボールを繰り ...

実施時期: 平成20年7月

登録部屋数: 10

マルチテラスのある家(リフォーム)

戸建リフォーム・リノベーション事例

説明: 1.マルチテラス:
 老朽化したバルコニーの取り替えを契機にしたテラスの増築を中心としたリフォームです。家で過ごす時間が増えつつある施主(60代夫婦2人暮らし)のライフスタイルに即して、居間/食堂から庭へと三角形に突き出す形状のテラスは普段は夫人の趣味である絵画のアトリエとして、あるいは夫の読書スペースとして利用されています。 
2.オープンエアー・リビング: 
 全開閉式の木製折戸によってテラスは屋内としても屋外としても利用可能です。庭の緑に包まれたテラスは季節・時間ごとの光や風を直接肌で感じることが出来き、さらに庭と居間/食堂を有機的に結びつける役割を果たします。また、冬季は断熱層と ...

実施時期: 平成13年9月

登録部屋数: 8

アイテムは登録されていません。

この専門家への評価は投稿されていません。