注文住宅

東中野の住宅-2(K邸アネックス)

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
11

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, インテリア

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

東京都中野区

敷地の特徴

傾斜地

延床面積

240㎡

階数

2階建て

完成時期

2011年05月

1997年竣工の東中野の住宅(K邸)の隣地に設計した別邸である。
竣工後14年が経過したことで家族の成長とともに住まいを見直すことから計画が始まった。
従って工事は2期にわけて行われ、アネックスの竣工後ただちに母屋の改修に取りかかり、あわせて一年がかりの大工事となる。
アネックスは母屋の先に見え隠れする、扉一枚隔てた先の別荘として、ここが東京であることを忘れさせてくれるように、周辺に対して閉じつつも建物の中にいて常に自然を感じるような環境に仕立てた。
用途的には遊びのための大空間を備える下階と、子供部屋のある上階とで構成される。

いい家!
11

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

桑原聡

桑原聡

◇ 住宅雑誌「I'm home」に「建築家とゼロからつくる住まい」連載中。 ◇ 私は建築とインテリアの調和を大切に考えます。設計にあたり、家具、カーテン、ファブリック、照明は勿論、アート、小物、備品、時には家電、調理用具を含むインテリアアイテム一式をトータルに提案します。 ◇ 私は社会に出8年間、不動産会社に勤務。その間、計20棟、約500戸のマンションの設計監理及び、3プロジェクト約4000戸の大規模開発計画に携わりました。その後、マンション開発の現場ではなかなか出会う事ができなかった、一人一人のお客さまとのコミュニケーションとダイレクトな手応えを求めて独立しました。 ◇ 現在、美しい素材へのこだわりと新たな暮らしかたを提案する喜びを持って業務にあたっていますが、これまでの経験から、デザインは設計者から一方的に押し出すものではなく、クライアントが望むものに寄せていくことを心がけています。そして、クライアントの望むものに寄り添いながらもさらにその先にある新たな暮らしや喜び、美しさを見つけることを大切にします。私がこれまでに完成させた建物は一見するとテイストが様々に見えるかもしれません。一つ一つの現場それぞれにクライアントの期待と私のこだわりが溶け合っているからです。 ◇ 今年、独立してから25年が経ちましたが、初期のクライアントとのおつきあいは継続し、ときおり修繕やリノベーションの相談を受けています。何よりも引き渡し入居後にぷっつりと関係が途絶えてしまうマンションとは異なり、クライアントとのお付き合いは許される限り一生継続するのが住宅のあるべき姿だと考えています。 ◇ 私の設計事例をご覧になると、すべての現場にインテリアアイテムが調和して納まっていることに気付かれると思います。私は基本計画時からカーテン・家具・小物といったインテリアアイテムをイメージして設計を進めます。しかし、人はいつまでも同じスタイルで過ごすわけではありません。家には柔軟に変化していくことも求められます。中にどんなものが入ってきても空間の印象が崩れることのない家、ライフスタイルや住み手が変わっても永く住み続けられる家、そんな住まい作りを目指しています。 ◇ プライベートでは旅や山歩き、スキーなど、自然の中にいることが大好きです。また、演奏会や舞台、映画、そして、美味しいもの探し、など、じっとしていられないタイプです。ご連絡を頂いたらすぐに行動するフットワークも取り柄の一つだと思っています。どうぞお気軽にご相談ください。

所在地

東京都渋谷区南平台町2-6 南平台ヒルス404

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

桑原聡さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

桑原聡

建築家 / @東京都