戸建リノベーション

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (石目調のアクセントタイルを使用した上質空間)

石目調のアクセントタイルを使用した上質空間

生活の中心となるリビングダイニングは広くされたいとご要望をいただき、和室2間を取り込み、広々とした空間にしました。

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (見せ梁であたたかみを感じる書斎)

見せ梁であたたかみを感じる書斎

解体したときに出てきた立派な梁を、職人が洗いをかけて立派な見せ梁に。 梁を残すことで、新しいものと古いものが1つの空間に違和感無く溶け込み、家の歴史を感じることが出来る素敵な空間になりました。

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (石目調のアクセントタイルを使用した上質空間)

石目調のアクセントタイルを使用した上質空間

リビングの壁面は、大理石のような光沢のある大判タイルを使用。ブラックを採用することで空間が引き締まりました。 テレビボードは壁と色味を合わせて造作し、一体感が生まれました。 試行錯誤しながら位置を調整した照明も、担当者がこだわったポイントです。

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (肩湯で疲れを癒す上質バスルーム)

肩湯で疲れを癒す上質バスルーム

肩湯や浴室テレビを設置したLIXIL「スパージュ」を設置しました。トーンをおさえて上質モダンを演出し、一日の疲れを癒す贅沢なバスルームになりました。

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (ホワイトで統一したサニタリールーム)

ホワイトで統一したサニタリールーム

洗面台はホワイトで爽やかな空間に。間取りを変更して空間も広々としました。

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (広いスペースを活用してトイレを新設)

広いスペースを活用してトイレを新設

同居されているお婆様のお部屋の隣には、お婆様専用のトイレを新設しました。

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (フラット対面キッチンでご家族と会話を楽しめる空間)

フラット対面キッチンでご家族と会話を楽しめる空間

家の隅にあったキッチンを中心部に配置して対面式にしたことで、ご家族と会話しながらお料理ができるようになりました。

純和風建築から未来へと引き継がれるイタリアンモダンな住まいへ (織り上げ天井で開放感のある応接間)

織り上げ天井で開放感のある応接間

平屋のため中央部分のみ天井を上げ、アクセントクロスを貼ることで一層広がりを感じる開放的な空間へ。 さらに天井には間接照明を設置し、上質な雰囲気に仕上がりました。 テレビカウンターは人造大理石で造作し、モダンな雰囲気が出るようにガラスの棚やステンレスのカーテンレールを採用するなど、隅々までご提案しました。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理

用途

自宅

居住者

二世帯・多世帯

所在地

大阪府吹田市

費用

設計・施工:4600万円

改修規模

フルリノベーション

階数

2階建て

間取り

その他 → 4LDK以上

築年数

45年

期間

施工:4ヶ月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

築45年の昔ながらの和風建築を、内装に天然石調のタイルや人工大理石を使用することで高級感のあるイタリアンモダンな空間に生まれ変わりました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

「家は広いのに、いつも過ごす場所は狭い」とお悩みであった施主様。
和室が6部屋あり、家の大半を占めていましたが、細かく仕切られた空間を十分に使い切れていませんでした。

■各居室を広くして充実させたい
■純和風の家を、憧れの洋風でモダンなデザインにしたい

というご要望のもと、間取り変更でご家族の人数に合わせた部屋数にし、それぞれを広くゆったりとさせることに。
ご家族皆様の快適空間になるようにご提案していきました。

この事例の見どころや工夫したところ

普段の生活はLDKでされるというライフスタイルに合わせ、和室2間を取り込みLDKを拡大しました。
以前は家の隅にあったキッチンを中心に配置し、対面式にしたことで、ご家族との会話を楽しみながらお料理が出来るように。

ずっと洋風の住まいに憧れを抱いていた施主様。
なかでも白・黒をはっきりとさせ、上質な雰囲気を演出した「イタリアンモダン」なイメージを実現させるため、天然石目調のタイルや人工大理石を使用して高級感のあるデザインに仕上げました。

和風から洋風へと雰囲気を一新するリフォームでしたが、仏間は残しておきたいとご希望でした。
仏間へとつながる広縁もそのままの雰囲気を残しつつ電動シャッターを設置するなど、生活がしやすく便利な商品をご紹介しています

施主の感想

今回のリフォームで段差が無くなり、以前のように和室をまたがずに移動できるようになったことで、スリッパで家の中を歩き回れるように。
完成したお家をご覧になったときに、「憧れのマイホームを手に入れた気分です!」と大変お喜びいただきました。

築45年の和風建築の家は、未来へと引き継がれる上質なイタリアンモダンな住まいに生まれ変わりました。

リノベーション前の写真

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション会社

ナサホーム NasaHome

ナサホーム NasaHome

経済産業大臣賞に輝く卓越した提案&リフォーム施工体制

所在地

大阪府大阪市北区角田町8番1号梅田阪急ビルオフィスタワー17F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

ナサホーム NasaHomeさんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

ナサホーム NasaHome

リノベーション会社 / @大阪府