注文住宅

鳳の家

面積:

86㎡

築年数:

2014年

エリア:

大阪府堺市

内容:

大阪府堺市の住宅密集地に建つ木造2階建ての専用住宅。

ご夫婦2人暮らしの空間テーマとしては[プライバシーを確保しつつ風と光を取りこみ居心地の良い住まい]であった。

またビルトインガレージの設置も優先順位が高かった。

そこで出した答えとして一見閉鎖的だが、外観は開口も駐車スペースの存在感もなくし

シルバーのガルバリウム板で全体を囲うデザインにした。

風の取り込み方については、外観の一部(道路側と中庭側の2カ所)にメインの外壁のガルバリウム板の素材・色・形状共に同様の物で

平面上互い違いに重ね合わせたスリットを設けたことにより視線は遮り風のみが通り抜けるように。

光の取り込み方については、2カ所ある中庭とドライスペースのそれぞれを少し離して計画し、

その箇所ごとに大きな開口を設けることにより、天空からの光の柱が分散され、1階・2階共に立体感のある光が注ぎ込み、心地よくオープンな中庭を各室から眺められる。

決して広くはない建て坪約13坪という広さで、敷地の外周が塀で囲まれている空間とは思えないくらいの、

開放感、広がり感とプライバシーの確保を兼ね備えた居住空間を実現した。

この住宅事例を手掛けた建築家

堤 庸策

建築家 / @大阪府

arbol(アルボル)はスペイン語で木という意味。 ぬくもりをたたえ、時とともに成長していく樹木のようでありたい、 という想いを込めました。 arbolのデザインはシンプルでやわらかく、機能的。 明解なコンセプトにインパクトを融合し、使う人に楽しんでいただける そんな空間作りを目指しています。 「自然に自然を。」 自然素材を取り入れて、自然なたたずまい、 自然な動線、自然な心地よさをデザイン。 建築・内装・インテリア・リフォーム・リノベーションなど 人と空間との調和を追い求め、創造することを心がけている建築設計事務所です。

堤 庸策さんの住宅事例

堤 庸策さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード