注文住宅

生駒の家

面積:

85㎡

エリア:

奈良県生駒市

実施時期:

2014年6月〜2015年1月

内容:

土間の吹き抜けを起点に部屋が、家族がつながる。

施主のご要望は土間があること、家族が一体感を得られるよう、家全体がワンルームのような開放感が欲しいということだった。そこで玄関、土間、階段部分を吹き抜け構造とし、天井高さ6700mmを確保。さらに階段上に土間と同じ幅のガラス窓を施工。大開口で光りを取り込むとともに、コンパクトながらこの吹き抜け空間を起点に、風、光、空気が建物全体に巡っていくように配慮した。この吹き抜けの発想から、梁は一部現しとし、木の構造材の力強さを感じ経年変化も楽しめるようにした。生駒山の造成地ということもあり、防寒対策は必須で、土間、階段部分にはポリカーボネイトの建具を施工しリビングルームの温もりを確保している。リビングと土間部分に床暖房を設置した。キッチンは施主のご要望の業務用。外観は整形な四角形で、シンプルな形状で南北に流れる切妻屋根とした。
丘の上に家がちょこんと座り、景色を眺め、内部の家族を柔らかく包み込む家となった。

〈概要〉
敷地面積|132.26㎡
1階床面積:47.31㎡
2階床面積:37.62㎡
家族構成|夫婦+子供1人
用途地域|第一種住居地域 22条区域
構造|木造
仕上
外部|外壁:ガルバリウム鋼板
内部|床:無垢フローリング材ナラ貼
壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
施工|建築工房アクトホームズ
外構|GREEN SPACE
撮影|下村康典
プロデュース|ザウス株式会社

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

堤 庸策

建築家 / @大阪府

arbol(アルボル)はスペイン語で木という意味。 ぬくもりをたたえ、時とともに成長していく樹木のようでありたい、 という想いを込めました。 arbolのデザインはシンプルでやわらかく、機能的。 明解なコンセプトにインパクトを融合し、使う人に楽しんでいただける そんな空間作りを目指しています。 「自然に自然を。」 自然素材を取り入れて、自然なたたずまい、 自然な動線、自然な心地よさをデザイン。 建築・内装・インテリア・リフォーム・リノベーションなど 人と空間との調和を追い求め、創造することを心がけている建築設計事務所です。

堤 庸策

建築家 / @大阪府

この専門家のプロジェクト一覧