注文住宅

専門家イチオシ

松戸の家4(FLAT HOUSE)

手掛けた建築家

設計を担当

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

千葉県松戸市

敷地面積

164.97㎡

延床面積

99.78㎡

階数

2階建て

期間

施工:6ヶ月

施工会社

株式会社持井工務店

手掛けた建築家のコメント

設計を担当

平屋のようなおびやかな空間を目指した松戸の家4(FLAT HOUSE)。
建主が希望されたダイニングキッチンとリビングの広さから他の部屋の広さを考えると、収納面積が取れなくなります。そこで平屋という考えに固執せず、収納量を確保しながら平屋っぽく見せることに考えを変え、1階の一部の床を下げて天井高を抑えた収納部屋を作り、その上に子供部屋を作ることで2階の高さを抑えることができ、全体的に平屋に見えるように計画しました。
窓の配置については、南側にある前面道路の向かいの公園からの砂埃のことを考えながら前面道路から窓が見えないよう、南側の見える壁には窓を設けていません。しかし、内部を明るくすることと、風を抜けるようにするために一部窓を設け、明るい玄関とダイニングキッチンとし、南側から北側に風が抜けるようにしました。
建物の平面をコの字にして中庭を作り、その中庭にウッドフェンスを作ることで外部から窓を隠し、外と内とで視線が合わないようにしています。
この視線を気にしない中庭からの明かりが片勾配の天井を照らし、明るい空間となっています。
インテリアでは、木目を見せるところと壁と一体になるような白い扉などにし、色の種類を少なくしています。階段の手すりはスチールで作り、笠木には無垢材を使い、手が触れるところは無垢材にしました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

建主は建築が好きで、家を建てるということに強い想い入れがあり、要望は多岐にわたりました。外観は、平屋ということ、そして外からできる限り窓を見えないようにし、建物の形状と屋根型を極力シンプルなデザインにすること。内部は明るく、風が抜けるように窓の配置を考え、インテリアは真っ白な空間の中に、部分的に素材感を感じたいということでした。間取りでは、モールテックスのアイランドキッチンを軸に、リビングとダイニングキッチンはつかず離れずの距離で家族の一体感があり、洗面所とお風呂はガラスで仕切り窮屈な空間にならないように、空間としては一体にしたいとのことでした。

この事例の見どころや工夫したところ

特にこだわったのはキッチン周りです。キッチンは建主の要望でモールテックスを使ったキッチンとし、そのキッチンとダイニングテーブルを一体にしたダイニングキッチンになっています。キッチンダイニングとキッチンの収納のバックセットは、弊社で図面を描き、持井工務店さんと細かい打ち合わせを重ねて作り上げた、オリジナルのキッチンダイニングになっています。

印象に残っていること

ベッドタウンである松戸で平家は難しいのではないかと思っていましたが、敷地面積が50坪弱あれば可能だということがわかったプロジェクトでした。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション)

所在地

千葉県松戸市常盤平陣屋前1-13

対応エリア

茨城県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,550〜3,600万円

60平米 フルリノベ

900〜1,200万円

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

大畠稜司|大畠稜司建築設計事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード