注文住宅

House K reconstruction

実施エリア:

大阪府

実施時期:

2003/2005

内容:

鉄筋コンクリート3階建住宅の改築。
既存の建物の床に穴を開け、3階から吹抜けを通して1階のリビングに光が落ちてくる。
2階の中心には「廊下」とも「部屋」とも違う「あいまいな空間」がある。
この「あいまいな空間」は生活にゆったりとした雰囲気を与える。
  
DATA
撮影:中島

井戸健治

自然の中に生きているということが実感できるような住まいを目指しています。建築によって、普段気にも留めない光の美しさ、移ろいに気付く時があります。建築は光、構成、素材によって感覚を誘発します。また「当たり前」と思っていることを再考することによって、新たな空間の豊かさ、感覚の新鮮さ、静謐さを目指しています。