注文住宅

ファミリーポートレイト

実施エリア:

京都府

延床面積:

186平米

内容:

過去にリフォームを手がけた住宅の、建て替えプロジェクト。
継ぎ接ぎ状となり、暗く、風も通りにくく、動線も長く使いづらかった以前の建物の欠点を克服し、
家族の新しい歴史を刻む家を建てる意気込みで臨みました。
横にも奥にも段差のある敷地を隅々まで無駄なく使いこなすため、光と風の供給源になる前庭と中庭を設け、
敷地の段差をステップフロアでつなぎ、どの居室もすべて庭を楽しめるよう計画しました。
リビングの上部を吹き抜けとし、2階からも1階の家族の気配を感じられるよう工夫。
冬の暖房として、リビングスペースとダイニンキッチンの2箇所に蓄熱暖房機を配置し、吹き抜け部の
暖かい空気が循環するように天井にシーリングファンを設置しました。
プライバシーの尊重と夏の西日対策の面格子は、外壁のアクセントとなりました。

外観

3世代2世帯のための建替え物件。
ゆるい上り勾配の道路に面して鉄筋コンクリート造の駐車場とその上の平屋が建ち、奥には木造2階建てが控えます。
建物はステップフロアでつながれた一軒の住宅として構成されます。
断熱性能を高め蓄熱暖房機と床下暖房を併用し、開放された空間でも快適な環境を実現しました。

道路側から見る全景

この建物は二つの棟で構成されます。
ゆるい上り勾配の道路に面して鉄筋コンクリート造の駐車場とその上の平屋が建ち、奥には木造2階建てが控えます。
建物はステップフロアでつながれた一軒の住宅として構成されます。
地下駐車場に3台、右側ゲート奥の駐車スペースを合わせて4台の駐車が可能です。

玄関

下駄箱や玄関クロゼットなど、収納が充実した玄関。
玄関から水回りにかけて、基礎コンクリートに蓄熱層を設ける床下暖房を設置しているので、冬は家に入るとポカポカです。
ステップフロアでつながる建物を感じるのが、明かり取りに見えるステンドグラス。
これが中二階の床の高さで、室内は微妙な高さの違いが面白い効果を発揮します。

ホールからダイニング

玄関ホールからダイニング、キッチンを見たところです。
食卓とキッチンの背面は事務コーナー、食器棚、レンジなどを置くカウンター、冷蔵庫、エアコン、勝手口まで収まります。
玄関から扉なしで入るこのスペースは、左手に中2階、奥の右手はリビングとつながります。

家族が互いの気配を感じ合う、中心となる大切な空間です。

ダイニングキッチン 夕景

ゆったりしたキッチンに続くダイニングテーブル。
キッチンはリビングに向かって視線が開き、子育て世帯に安心な死角のないレイアウトです。
リビングの天井は吹き抜けになっているので、開放感は抜群。
ダイニングの背中には大きな開口が控え、窓を開放すれば庭と一体となる大きな空間を楽しめます。

リビングルーム

キッチンの前に広がる、広いリビングルーム。
天井は2階まで吹き抜け、中庭に面した2階ぶんの窓から陽光がさんさんと降り注ぎます。
間接照明で彩られた室内はやわらかな光にあふれ、壁際の蓄熱暖房で冬もぽかぽか。
天井でゆっくり回るシーリングファンが、時間を忘れさせてくれます。

ホームシアター

テレビボード上のスリットからスクリーンがするする降りて、リビングはシアタールームに早変わり。
設計段階からホームシアターのご要望があったため、スクリーンの格納や5台のスピーカー、プロジェクターの位置など、
細かな打ち合わせを経て、オンリーワンな室内ができました。
灯りは壁際の間接照明だけにして、ワインを飲みつつ映画鑑賞・・・素敵な夜になりそうです。

リビングの吹き抜け

シーリングファンが回り、間接照明が壁を照らし出す吹き抜け。
縦に広がる吹き抜けは、1階と2階を効果的につなげる空間でもあります。
2階からリビングの様子を伺うことができ、小さい子供がいても目くばりが行き届きます。
顔を合わせない場所にいても家族の気配を感じ合える工夫です。

中庭から見る夕景

外から室内を見渡したところ。室内の暖かい雰囲気に、飛び込みたくなる風景です。
右手のリビングは2階の天井まで吹き抜けて、開放感に満ちていますね。
広い中庭はキッチンとも近いため、暖かい季節には庭に出て食事やバータイムを楽しめます。
中庭には、光と風を室内の奥深くまで届ける、大切な役割もあります。

中庭から室内を見る

あたたかな団らんを予感させる外からの眺め、家を建てる目的と喜びが、こぼれでるような光景です。
外部に面した広い開口と吹き抜けが、この開放感を演出してくれます。
ペアガラスサッシや吹き付け断熱材、通気工法、床下や蓄熱の暖房機など。
室内環境を快適に保つ技術で、開放感と暖かさを両立させています。

ステップフロア

一階と中二階、中二階と二階を数段の階段でつなぎ合うのがステップフロア。
この写真の、中庭の見えるフロアが一階で、階段の上の窓の見えるフロアが二階です。
家のほぼ中央に位置する階段が上下階をつなぎ、階段まわりの吹き抜けが各階に光を届ける役割もあります。
敷地に段差がある場合に用いる手法ですが、少ない階段移動で違うフロアの表情に出会える楽しい仕掛けです。

ステップフロアの和室

中二階の和室は寝室の前室も兼ねます。
障子を閉めてベランダ〜和室〜寝室で独立した空間を構成し、家の中でプライバシーを確保することができます。
仏間にも客間にも転用でき、子供が小さいうちは昼寝のスペースにも。
家のなかに一部屋、予備室的な存在があると、生活空間に大きな余裕が生まれます。

ステップフロアの寝室

中二階の和室は寝室の前室も兼ねます。
障子を閉めてベランダ〜和室〜寝室で独立した空間を構成し、家の中でプライバシーを確保することができます。
仏間にも客間にも転用でき、子供が小さいうちは昼寝のスペースにも。
家のなかに一部屋、予備室的な存在があると、生活空間に大きな余裕が生まれます。

寝室から和室方面

寝室を奥から見たところ。和室、ベランダ、2階への階段が続きます
壁面には本棚とカウンターを作り、テレビやオーディオを置くこともできます。
寝室は勾配天井で、トップライト(天窓)とハイサイドライト(高窓)を備え、窓面積が少なくても明るさは充分。
深い色のフローリングはブラックウォールナット、本棚やカウンターも同色に揃え、室内の統一感を演出します。

夜景

上から見た夜の全景。そこここに灯りがもれて、暖かい家庭の雰囲気が伝わって来ます
こうして上から見ると、車庫と寝室、奥の二階建ての全容がよく分かります。
ほんのり照らされた玄関ポーチの奥には外部収納と、塀で囲われたもう一つの庭があります。
夕闇に浮かぶ夜景の暖かみは、家庭の温かさそのもの。末永いご多幸を祈るばかりです。