注文住宅

浅草の家―2階にある庭

浅草の家―2階にある庭 (居間から2階の庭を見る)

居間から2階の庭を見る

居間から空中の回廊を通ってその向こうに芝生の庭が広がります。ここは子供たちの格好の遊び場となっています。

浅草の家―2階にある庭 (シンボルツリーを眺めるリビング)

シンボルツリーを眺めるリビング

目の前に屋上庭園とシンボルツリーのエゴノキの緑がいっぱいに広がる、リビング、ダイニングルーム

浅草の家―2階にある庭 (屋上庭園に面したダイニング)

屋上庭園に面したダイニング

2階の屋上庭園に向かってダイニングルーム、階段室の通路を利用したスタディールームがあります。

浅草の家―2階にある庭 (屋上庭園とシンボルツリー)

屋上庭園とシンボルツリー

2階に屋上庭園を設けて、リビングルーム、ダイニングルーム、パソコンコーナー、洗面室、浴室が面するようになっています。 屋上庭園には高めの塀を回すことによって、近隣からの視線を遮ってプライバシーを確保しています。

浅草の家―2階にある庭 (2階にある屋上庭園)

2階にある屋上庭園

2階レベルに屋上庭園を設けて、1階の中庭から延びるシンボルツリーのエゴノキをどの部屋からも眺められるようになっています。

浅草の家―2階にある庭 (3人の男の子が仲良く使う子供室)

3人の男の子が仲良く使う子供室

18畳ほどの広さを男の子3人で共用する。 ベッドと勉強机、収納が一体となった家具で自分の領域を作り、残った部分を共用するようにしています。

浅草の家―2階にある庭 (屋上庭園に面した洗面室とバスルーム)

屋上庭園に面した洗面室とバスルーム

洗面室と浴室をガラスで仕切って、仕上げの素材をそろえることで広々としたバスルームになっています。 屋上庭園に面して、庭の緑を取り込むと同時に、プライバシーを確保しています。 洗面室には2つの洗面ボールと下着ダンスを備えています。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

東京都台東区

延床面積

156㎡

下町の住宅密集地にある住宅です。
2階に屋上庭園を設けて、そこに向けて各部屋を配置して屋外空間と屋内空間を一体とした生活を楽しむように工夫しています。
1階の中庭から大きなエゴノキが枝を伸ばして、3階の部屋まで緑を楽しむことが出来ます。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

小島建一

小島建一

家を建てるということは、そこに住む家族の生活の場を作るということだと思います。家族の生活のあり方は、家族ごとにみんな異なっているとすれば、家のあり方も家族によってまた違ってくるのではないでしょうか?常識や一般論にとらわれずに、住む人にとって一番良い家の形を、設計者として一緒に考えてゆけたらと思います。

所在地

東京都新宿区西早稲田2-17-33 カサ・ブローテ

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

小島建一さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

小島建一

建築家 / @東京都