マンションリノベーション・リフォーム

『Rabbit』 ― キッチンをセンターに

『Rabbit』 ― キッチンをセンターに (リビング・キッチン1)

リビング・キッチン1

『Rabbit』 ― キッチンをセンターに (リビング・キッチン2)

リビング・キッチン2

『Rabbit』 ― キッチンをセンターに (キッチン1)

キッチン1

奥さまのイメージ通りの、甘すぎずラフでぬくもり感のあるキッチン。

『Rabbit』 ― キッチンをセンターに (ファミリースペース)

ファミリースペース

『Rabbit』 ― キッチンをセンターに (廊下・リビングドア)

廊下・リビングドア

『Rabbit』 ― キッチンをセンターに (リビングドア)

リビングドア

リビングドアは濃いブルーと花柄のガラス、アンティークのにぎり玉で来客者を迎える。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都世田谷区

費用

設計・施工:885万円

延床面積

79㎡

施工面積

79㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (全面)

間取り

3LDK → 3LDK

築年数

38年

期間

設計:1.5ヶ月 、施工:1.5ヶ月

完成時期

2011年08月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

以前、三軒茶屋駅近くの借家に住んでいたことから、同じ世田谷区内を希望していた。いくつかの物件を内見したが、ある新築の建売住宅を見て、違和感を感じながら家に帰る途中、たまたま通りかかったのが今のマンションだった。「緑が多いし敷地も建物もゆったりとしていて、ここなら住みたいって思ったんです」と妻。その1週間後に売り物件が出て、ほぼ即決で購入を決めた。ちょうど大規模修繕が行われたばかりだったのもタイミングが良かった。
【リノべりす掲載事例】

この事例の見どころや工夫したところ

購入したマンションは、木漏れ陽が気持ち良い築38年。間取りは大きく変えずに、キッチンが部屋の中心となるようにリノベーションした。サイドベッドルームをリビングに続くファミリースペースにしたことで、リビングにゆとりの空間が生まれた。 カフェをイメージしたキッチンはじっくりこもって料理をしたいという奥様の希望でセミオープンのスタイルに。レイアウトはコの字型とし、内部の収納はオープン棚で何がどこにあるのかを明確にし、家電や食器は作業が効率的になるように配置した。アンティークのキャビネットとバランスをとってランダムな羽目板で味わいのある作業カウンターを造作し、エイジング塗装の味わいのある壁が家の顔となった。

印象に残っていること

変形の間取りは使い方によっては無駄な空間を作り出しがちだが、ダイニングの奥の三角形部分も上手く飾り、奥行き感を出す使い方をされているのはお見事。工事中に無事出産されて家族が増え、お嬢様の成長とともにこの家がどのように変化していくのかますます楽しみである。

リノベーション前の写真

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

空間社

空間社

私らしく、暮らす。

所在地

東京都世田谷区深沢1-5-18 もっと見る(全2拠点)

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

空間社さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

空間社

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都ほか