マンションリフォーム・リノベーション

家具で仕切りをつくったマンションリノベ

エリア:

東京都品川区

内容:

30年程のマンションのリフォームです。インターネットからの問い合わせから、ご相談を重ねて実現しました。
冬の寒さを和らげること、お子さんたち3人の個別のスペースを確保すること、家族みんなで使うキッチンやリビングを、少しゆとりのあるものにしよう、というのが今回のリノベの目的です。 
 寒さ対策として外壁面には新た壁下地を作って断熱材を入れ、大きさを最小限にしたセミオープンな個人のスペースをつくることにしました。その結果、家族の集まるスペース、リビングを生み出しています。キッチン・ダイニング・リビングの連続したスペースをバルコニーに面するように配置することで、明るく広々と感じられるスペースができました。家の中央に仕切りとして置いた家具は高さを抑え、天井面で広がりを感じられるように工夫をしています。

奥行きの小さいカウンターを使った洗面台。水栓奥はモザイクタイルを貼りました。鏡付の収納も特注で。コンパクト、シンプルに。

リビングルームです。床は赤タモのフローリング。無垢材です。収納棚にはテレビや仏壇、本など置く場所を想定してあります。

リビングルームです。床は赤タモのフローリング。無垢材です。収納棚にはテレビや仏壇、本など置く場所を想定してあります。

オーダーで作ったコンパクトなキッチン。素材は他の家具と統一。

スペースを大きく分ける収納棚です。入れるものはあらかじめ検討し、それに合わせて収納スペースを決めています。裏から(子どものスペース側から)も使えます。

スペースを大きく分ける収納棚。天井が奥まで見えて奥行感を与えてくれます。

あたらしくしつらえたキッチンです。あえてレトロ感を出すため、ラワンの合板を使ってもろもろの家具を作りました。コンパクトですが既製品ではなくオーダー。家具の素材を他の家具と合わせて統一感を持たせています。

造作家具に照明スイッチを組込み。

ドア上部のランマ。ドアを閉めても風が抜けるようにドア上部のランマは開閉式です。

キッチンに作った収納。薄い引出しはラップ等を入れるスペース。炊飯器やゴミ箱などの収納も相談して決めています。

個々のブース(子どもスペース)は天井まで届かない仕切りで区分けしています。天井が連続することで広々と感じることができます。

個のスペースとリビング側とを仕切る棚です。上部(ランマ)の部分を引き戸にしています。

バルコニー側の子どもスペース3。机と簡単な本棚をセット。

部屋の中央の子どもスペース2。壁際のRC梁型を生かして壁を照らす照明を組込みました。部屋の圧迫感が無くなります。

ハイベッド式にして、下部に布団などの収納スペースを確保した子どものスペース

寝室に作った壁一面の本棚と廊下の上の収納。
廊下の天井はギリギリ低く抑え、上部を収納としました。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

大庭明典

建築家 / @東京都

光や熱、音、風、さらにはそこにいる人の間に生まれる空気、 見えないものをデザインできればいいと思っています. 答えは人それぞれ. 住む人も設計者も気付いていない、そんな住まいを一緒に考えませんか?

大庭明典

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト

このプロジェクト事例に関連するキーワード