ZUSHI (ZUSHIのファサード)

ZUSHIのファサード

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (厨子二階を受け継いだ屋根)

厨子二階を受け継いだ屋根

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (ゆったりとした軒)

ゆったりとした軒

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (リビングからダイニングを見る)

リビングからダイニングを見る

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (ダイニングからリビングを見る)

ダイニングからリビングを見る

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (リビングから庭園を見る)

リビングから庭園を見る

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (リビングから階段を見る)

リビングから階段を見る

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (二階から一階を見下ろす)

二階から一階を見下ろす

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (落ち着きのある和室)

落ち着きのある和室

写真/(C)Sugino Kei

ZUSHI (午後の外観)

午後の外観

写真/(C)Sugino Kei

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

所在地

三重県

敷地は伊賀街道沿いの歴史ある集落の中にある。現代的な住宅も立ち並んでいながら、伝統的な民家の形式がうかがえる木造住宅が多く、狭い道に入ると往時の風情が漂ってくる。敷地は350坪の整形で、その周囲は背の高い槇の生垣が貼りめぐらされている。敷地の中に両親の住宅と倉庫が建ち、手入れされた日本庭園を望む旧家があったところにご夫婦と子供たちの住まいを建て替える計画である。

旧家は、近畿・東海の商家・民家の特徴ある厨子二 階(現代の中二階に似ている)で、ゆったりした大きな屋根がかかっていた。そのイメージを受け継ぎ、建物の間口の幅、屋根勾配や軒下高さの調整を行い、周辺の民家になじむ色彩と風情のある素材の選択を行った。建て替え後も旧家のイメージを引き継ぎながら、周辺環境との調和、敷地内の二世帯住宅の距離関係、日本庭園の取り入れるなど、風土を尊重し地域性を守りながら現代的な生活が行われるようにした。

この事例の見どころや工夫したところ

建物に入ると客間、リビング、個室と水廻り室とつながる。中央のリビングは屋根勾配をそのまま天井勾配にし、低い軒天井から2階の高い天井になり、その下の包み込むような内部空間は、家族の生活に安心感を与える。また南側の開口部は日本庭園を望み、北側の開口部は裏庭の木々で隣家とのプライバシーを確保しながら、心地よい風の通り道をつくり、日々の生活に開放感を与える。

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

山下和哉

山下和哉

住宅を通してそこに住む人々や社会に、魅力のある提案を行いたいと考えています。住むことの楽しさや、生活の豊かさが感じられる住まいを、少しでも多く造っていきたいと思っています。

所在地

三重県津市大谷町254 エンデバービル4階

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

山下和哉さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

山下和哉

建築家 / @三重県