注文住宅

西三国の家

面積:

91㎡

築年数:

2013年

エリア:

大阪府大阪市

内容:

大阪市内に住む定年退職後のご夫婦のための平屋の戸建て住宅です。

施主の主な要望は、庭が眺められる部屋・プライバシーの確保・居間に掘りごたつの設置などでした。そこで提案したのは、家の機能を二つのボリュームに分けて廊下で繋ぎ、その間にS字形の中庭を配置し、プライバシーと防犯の観点から庭と2つのボリュームを塀で囲った一種のコートハウスです。

外部空間を居室に寄り添うように分散してとることで、どの部屋からも表情豊かな独自の庭の景色をもつような構成となっています。

構造的には周囲の外壁と居住空間を梁で繋ぐ事により構造的に一体とし、
木造在来工法で無理なく計画出来るようにし、コストに配慮しつつ内部の開口は開放的になるように計画しました。

機能面では将来的にバリアフリー対応できるよう引き戸、廊下やトイレの幅、寝室の位置など配慮し、外部の洗濯物干しスペースの上部には透明のポリカーボネード屋根を設置し雨を防いでいます。

プライバシーを確保するために、スギ板の塀に囲まれた木の箱のような家は、
外部に対して閉鎖的な構えですが、そこは部分的にルーバーにして、
風と光を取り込むみ柔らかな印象を作り出す計画としました。

内と外との心地よいバランスを保ちつつ、
都心にあって森の中の一軒家を彷彿させる豊かさを生み出しています。

この住宅事例を手掛けた建築家

堤 庸策

建築家 / @大阪府

arbol(アルボル)はスペイン語で木という意味。 ぬくもりをたたえ、時とともに成長していく樹木のようでありたい、 という想いを込めました。 arbolのデザインはシンプルでやわらかく、機能的。 明解なコンセプトにインパクトを融合し、使う人に楽しんでいただける そんな空間作りを目指しています。 「自然に自然を。」 自然素材を取り入れて、自然なたたずまい、 自然な動線、自然な心地よさをデザイン。 建築・内装・インテリア・リフォーム・リノベーションなど 人と空間との調和を追い求め、創造することを心がけている建築設計事務所です。

堤 庸策さんの住宅事例

堤 庸策さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード