注文住宅

11坪の居心地HOME

面積:

69.32㎡㎡

エリア:

大阪府松原市

実施時期:

2012.03~2012.05

内容:

11坪の居心地HOME
建坪11坪、二人家族の小さなおうち
コンセプトは「光」と「風」と「居心地」
空間をつなげることで、部屋を広く感じられるよう、 いろんな居場所をつくることで、居心地がよくなるよう、 小さなこだわりを積み重ねて、ひとつしかない空間ができあがりました。
ローコスト住宅でありながら、オリジナルの造作キッチンを製作。
ちょこっとしたこだわりをスパイスにしたインテリアも 居心地に貢献しています

小屋裏収納を通じて、家の熱気を排出するように計画しています。

アクセントに輸入クロスを

洗面室のドアは引き込み戸で、すっきりと

洗面室
コンパクトな洗面室は白で統一

玄関
横のパーティションには建て替え前の家のガラスを再利用

玄関
オーダーメイドのスチールドアは指定色にペイント

子供室
アクセントにさわやかなブルーのクロスを

寝室
バルコニーの窓際に腰かけると心地よい風

寝室
和室と一体にも使える

和室
普段はコーナーとして廊下も取り込んで利用
来客の宿泊にも対応できる
床を一段上げて、下部は抽斗収納を

階段
こちらも1階へと光を取り込む位置にプランニング
オーダーメイドのアイアン手摺

吹抜
1階へと光を取り込む位置にプランニング

キッチン
シンプルな造作キッチン
シンク一体型ステンレストップ

ダイニング
カウンター収納はキッチンと同様の造作家具
階段下はワークスペースとして利用

リビングダイニング
吹抜から光が降り注ぐ

キッチンからLDKを見る
キッチンは手元が見えにくいようカウンターに高さをつけました

玄関からDKを見る
入った時に奥まで視線が通ることで、広く見えるように計画

この住宅事例を手掛けた建築家

池田真理

建築家 / @京都府

京都の小さな設計事務所、池田デザイン室です。 女性ならではの視点で、「住まい」に真剣に向き合い、 「家族の気配を感じる間取り」「暮らしやすい収納と間取りの工夫」「本物志向の素材選び」など、コツコツと住まいのデザインをしています。 住まい方、家への想い、子育てのやり方、家族の関係などをじっくりとお聴きすることがはじめの第一歩。 住まい方からデザインするからこその『暮らしにフィットする家。』 新築住宅からインテリアまで、 『居心地のいい住まいづくり』を心をこめてサポートいたします。 小さな物件でも、遠慮なくご相談下さい。

池田真理

建築家 / @京都府

池田真理さんの住宅事例