マンションリノベーション・リフォーム

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (LDK)

LDK

リノベ前は、作り付けの収納が上手く活用できずにモノがあふれていたというLDK。柱と柱の間に、無印良品「スタッキングシェルフ」を設置しました。

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (LDK)

LDK

ダイニングテーブルと収納を兼ねるカウンターを造作。ダイニングセットがないことで、大型のソファを設置できるようになりました。

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (LDK)

LDK

家族の食事は、こちらのカウンターで。足元奥には無印製「組み合わせて使える木製収納」が置かれています

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (キッチン)

キッチン

カウンターをキッチン側から見たところ。内部には「ステンレスユニットシェルフ」が設置されている。

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (キッチン)

キッチン

キッチン奥の壁面には各種「壁に付けられる家具」を使用。スパイスラックやグリーンなどを置いて、実用的かつ見た目の美しい収納となっています。

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (洗面台)

洗面台

洗面台の下部収納棚をオープンにして、「重なるラタン」シリーズの商品を便利に組み合わせて。ミラーは「壁に付けられる家具・ミラー」をサイズオーダー。フレームとニッチの素材感もぴったり

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (寝室)

寝室

寝室は寝る専用の部屋として、最小限のサイズに。その分の面積をWICに割り当てている

『無印な住まい』 ― 家具を部屋に溶け込ませて (リビング収納)

リビング収納

リビング壁面の収納も無印製品で構成。内部ラックは「スチールユニットシェルフ」、引き戸はリノベ向き商品・MUJI INFILL 0の「アルミ製框引き戸」を採用。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 施工, 監理, プロデュース・コーディネート, インテリア

用途

自宅

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都新宿区

費用

設計・施工:880万円

延床面積

66.48㎡

施工面積

66.48㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (キッチン/リビング/WIC/寝室/子供部屋/玄関)

間取り

2LDK → 2LDK

築年数

14年

期間

設計:1.5ヶ月 、施工:1.5ヶ月

完成時期

2017年10月

間取り

リノベーション前

リノベーション後

シンプルなハコだから、自分らしさを詰め込める。
ここでご紹介するのは、そんな「無印良品」の考え方にトリビュートしたリノベーション事例です。

家づくりのきっかけ・施主の要望

小学生のお子さまがいる3人家族のNさまご一家。7年ほど暮らした築16年のマンションは、そろそろ設備がくたびれていました。そして床暖房が故障したとき、それまでお持ちだった『もっと自分らしい住まいにしたい』という思いが表出。単なる修理や設備更新とは異なる、リノベーションをご依頼いただきました。

ご主人の仕事はアパレル関係で、衣類や靴を多く所有。しかし、それまでの間取りでは慢性的に収納容量が不足し、ストレスを感じていたそうです。奥様にも、従来から生活空間に取り入れていた無印良品の家具や収納をもっと活かしたい、という思いがありました。

この事例の見どころや工夫したところ

設計では高級さや装飾性を求めるのではなく、"生成りの素材感のよさ" や "シンプルに優れた機能性" を追求しました。

例えば、リビングの壁一面に配した「スタッキングシェルフ」。この製品はモジュールを組み合わせて様々な機能をもたせられる棚で、N様邸ではテレビボードと本棚の役割を果たします。さらに、様々用意されているオプションパーツを組み合わせて、こまごました日用品を効率よく収められる引出し収納にも。

キッチンには、「MUIJI+KITCHEN」(サンワカンパニー製)を採用。その対面には、素材感を合わせたタモ集成材のカウンターを製作しました。このカウンターはダイニングテーブルと収納を兼ねていて、ハイスツールを並べて家族で食事をとることができます。

ほかにもリビング収納、ウォークイン・クローゼット、洗面・脱衣室など、造作で作る部分を徹底して "MUJIサイズ" に統一したことで、同社の用意する多種多様の家具や収納商品がフィットする住まいが完成しました。

施主の感想

かねてから多くの無印良品の商品を生活に取り入れてきたNさま。お引越し後の使いこなしも流石で、家と家具・収納が一体を成しているような自然さを感じます。

リノベーション後の住まいは快適で居心地がよく、『休日はほとんど家の中で過ごすようになりました』とNさま。使い勝手のいいキッチンカウンターのおかげでダイニングテーブルに割いていたスペースが自由になり、従来は置くことのできなかった大きなソファーセットでゆったりとくつろぐ毎日だそうです。

印象に残っていること

シンプルなハコは、必要に応じて再編集できるという汎用性を持ちます。これから家族の成長とともに変化していくであろう住空間へのニーズを、柔軟に受け止める器の広さ。それが、住まいにおける "無印" なのかもしれません。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けたリノベーション・リフォーム会社

空間社

空間社

私らしく、暮らす。

所在地

東京都世田谷区深沢1-5-18 もっと見る(全2拠点)

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

空間社さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

空間社

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都ほか