注文住宅

町田M-旗竿の空をみるリビングと緑を臨むインナーテラス

面積:

110㎡

築年数:

4年

エリア:

東京都町田市

実施時期:

2009年

内容:

分譲地の中ほどにある旗竿敷地に建つ夫婦と子供1人のための住宅です。

周りを住宅に囲まれる立地条件ながら、「周囲を気にせず窓を開けて過ごせる開放的で風の抜ける住宅にしたい」との要望から、寝室や水廻りといった閉じるプライベート空間を1階にコンパクトな真四角の平面にまとめ2階に広く天井の高いオープンな長方形平面のLDKを持ち上げ、二つの四角を重ねた空き部分となる敷地の4隅に光の入る庭を作りました。

2階のLDKはハイサイドサッシを採用して周囲に影響されない明るさと風を取り込む生活を作り、リビングの東には旗竿入口の竿敷地から通り対面の緑の公園を臨むインナーテラスを作り、そこの大開口を開放することで、リビングにいながらも外部のテラスのような開放感を楽しめるようになっています。

リビングには将来の子供部屋となるプレイコーナーも連続した空間としてあり、ライフスタイルと成長に合わせて変化も楽しむ住まいとなっています。

外観夜景。
公園に面した大きな窓が、個性的な表情を作っています。

旗竿地入り口から見た外観。
旗敷地が連続する立地環境を生かし、建物の建たない竿敷地部分から目の前の公園を見ることができる場所には、大きな開口部を作っています。

リビングの一部にあるカウンター式のキッチン。
子供たちや来客の様子を見ながら使うことができるキッチンの横には、食品庫も供えています。

広めの土間玄関からつながるホール。
1.5間のホールの両側には寝室や水廻りなどのプライベートな諸室を配置。
来客の動線横にありながらプライベートは隠し、奥に抜けるあかるいホールとなっています。

広めの玄関から続くホールと土間。
土間には、自宅でも仕事をされるご主人の書斎も設置。仕事の来客や夜遅くの帰宅時など、プライベートエリアに干渉することなく使える場所となっています。

旗竿地の2階にリビングをつくり、ハイサイドサッシから周囲を気にせず光と風を取り込むリビングです。
目から遠い高い天井はツーバイ材の梁を表し、天井面はシナ合板貼りとしてコストダウンを図るとともに、木の持つ優しい印象になっています。
壁:珪藻土クロス
床:パイン材無垢板フリーリング

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

一條美賀 + 一條太郎

建築家 / @東京都

こだわりを大切に。住まうことが楽しく自慢できる快適住宅をつくっていきたいと思っています。 快適な環境を取り込むのはもちろん、車、アウトドア、AV、犬猫との暮らしなど、家に対する施主のこだわりや敷地環境を十分に理解し、楽しむ拠点となる住まいをライフスタイルも含めて提案します。まずは住まいに対する思いをじっくりと聞かせてください。