戸建リフォーム・リノベーション

家中の導線を再構築した住まい

費用:

900万円

実施エリア:

愛知県名古屋市西区

実施時期:

2015年

延床面積:

169平米

築年数:

24年

内容:

Webからの問い合わせでメールをいただいたところからお付き合いが始まりました。



結婚を機に分譲マンションを購入したご夫妻でしたが、新しくお腹に2人目を授かったことから、先の事を考えて戸建てに引っ越す事を決意したとのこと。



引越し先も居住中だったため、まずはスケジュール確認から話し合いを始めました。

そして、不動産の売買契約日と受け渡し日、現在の住まいを引き渡す日を確認して無理のない工事ができるか、工事期間は何日間あって、どんな規模の工事までが可能か。

そして規模と夫妻が想定している工事代金が概算で可能かどうか。



夫妻の家でお話しを伺ったとき「時間との闘いだ」と感じました。



住宅ローンの審査日が決まっていたので、見積書の作成とプランを急ぎました。

プランが1つ出来ては提出、そして、修正・・・

9つ目のプランでお客様の要望をほぼ間取りの中に入れる事ができました。





初めてお会いしてから約3週間で弊社に決めていただけましたが、ヒヤリング時のはなし



奥様

他に3社話しをしています。1社は非常に高額、もう1社は現地調査に来てくれたのですが何を見てたのかな?と疑問になる感じでレスポンスも遅い、もう1社は他社のプランを見せていただいて、安くしますよ。という感じで、私的にはこの3社の中で任せてよいものかと不安に思っています。





今は3社、4社の相見積が当たり前になっていて慣れているから大丈夫ですよ。

弊社は他社がどんなプランでどんな金額を出してくるのかは特に気にしません。

お客さんがいて現場がある。

話しをする事ができて、現地調査をする時間さえいただければSさんの家を作ります。

Sさんがどんな家族なのか、どんな事を考えているのか、どんな暮らしを望んでいるのか、おおよその予算設定や夫婦間でどんな工事をしようかと話し合っていたのかをお聞きして弊社の考え方に当てはめるだけです。

考え方が違えば工事に至らないだけですよ。



奥様

私たちとしては早い段階でお任せする会社を決めてお見積りをいただき、リノベーション代金を合わせた住宅ローンの審査の完了、着工いただくまでにしっかりリフォームプランを煮詰めていきたいと思っています。

せっかくの戸建てで、このような機会は一生に1度あるかないかなので、住宅設備を含めて妥協しないように全力で頑張りたいと思っています。

話しを聞いてみると杉山さんと境遇が似ているので、楽しくご相談ができそうで心強いです。





ありがとうございます。私も出来る限りのお手伝いをさせていただきます。

では、先日お願いしました図面を見ながらお話を伺いますね。



                ~中略~



《要望》

・共働きなので家事がスムーズにできる3LDK以上のプランを希望

・パンやお菓子作りが奥様の趣味なのでキッチン本体や作業スペース、動線や収納にこだわりたい。

・引越し先の窓が断熱性の無いガラスなので大きな窓だけでもペアガラスに変更したい。

・現在の住まいにある家具は持っていくので、この家具に合うデザインとしたい。

・間取りを変えない部屋も壁紙は全て替えておきたい。

・現在の玄関位置だと南側の和室をどう使って良いか分からないので変更可能。

・引越し先は現在居住中で、引越しをした後に工事開始、工事完了は現在の住んでいるマンションを引き渡すまでの1ヶ月半で工事を終わらせてほしい。

・間取り変更をする際に柱や筋違いを取ってはいけないと他社から聞いているので無理のないプランとしてほしい。

・予算はリノベーション1000万円(住設機器を入れて1300万円)





セキスイハウスの軽量鉄骨3階建てという建物でこの要望で1000万円ですか。

改修範囲と仕様次第ではできると思いますが、今の要望を頭に入れて次回は現地で調査をして予算に合ったプランを考えてみます。









完成後に工事を回想しながら雑談をしているときのはなし



奥様

杉工さん、自社ホームページをちゃんと検索の上位にくる様にしなきゃ。





そうなんです リノベーションで検索をしても出て来ないですもんね。

よく弊社をWebから見つけてくれましたね。



ご主人

うちの嫁さんは検索をするの得意だからね(笑)





そうみたいですね。住設機器を決める時は検索レベルが高いなーってビックリしました。



奥様

リノベーションのサイトで調べていて、なかなか要望が合う会社がなくて必死に探していたんですよ。



ご主人

そう。 いつも結構遅くまで調べてたもんね。





見つけてくれて有難うございます。

もっと検索ですぐに見つかる様にしなくちゃいけないですね。







奥様は住設機器を決める際にはプロの私達より詳しくWebの情報だけで調べていたので、思わず、それだけ商品知識があれば明日からリフォーム屋さんで普通に働けますよ と言ってしまうほど。





トイレやキッチンなど住設機器は『ポンッ』とそこに置くだけではないので、建築的要素、設備や電気など様々な条件をクリアしてやっと注文ができる状態になる。

施主支給で商品は揃えるから設置してください とお客様からの要望がある場合がありますが、実際は取付けができないもの、部品が足りない、しかも足りない部品が高い、間違えて注文してしまった・・などがほとんど。

弊社としては支給していただけるなら支給してくださいと伝えていますが、家全体の住設機器を取付方法まで調べてゴールに辿り着くのは希で、ここまでの規模だとS様だけでした。





S様は完璧でした。 メーカー側からもちゃんと図面は出してもらって、打合せ時に設置についてを聞いてくださる。そして、要点はしっかり押さえてあるので、弊社も口出しができないほど。

施主支給NGの会社が多いのですが、結局はお客様側で調べてメーカーや販売店と打合せをしていても用語や数字など聞きなれないことばかりで難しくなって断念する事が多く、調べ事や打合せをして支払いだけお客様とするか、間違った機器が搬入されてきてから揉めるかのどちらかになる事もありNGとしているのです。 

弊社も同じですが、S様の様にご自信で調べて、打合せまで行っていただけるならOKとしています。

調べる事と打合せをする事が一番大変だから仕方ないのです。





工期は1ヶ月半。

1階部分はスケルトン改修+増築、そして、2階も大部分を触って改修面積は160平方メートル。



工事は計画段階から日程が厳しいことが予想され、加えて終盤に雨が半月も続いたこともあり、増築部分が進まず工程表通りには進まなかった作業もありましたがほぼ予定内で完成して引越しも順調に終わり無事に引き渡すことができました。









引越しが終わり不動産会社の担当者さんがご挨拶に来たときのはなし





最後がホントにギリギリになってしまいご心配をお掛けしました。



ご主人

そうでしたね。引越しできるかなぁって夫婦で話しをしていたけど、何とかしてくれるだろうとは思ってたかな。





計画の段階から全体で4日しか余裕がないって分かっていましたが、最後の2週間は必死でしたね(笑)



ご主人

職人さん達も頑張ってくれたけど、杉山さんが怖かったんじゃないの?





僕にはお客さんとの約束がありますからね。 少し強く指示をしたりもしますよ。



ご主人

まぁ 頼もしかったですよ(笑)



不動産担当 

それにしても、全く面影が無くなるほどリノベーションしたのですね。

元々がどうなっていたかが思い出せないです。



奥様

色々な会社にプランを出してもらいましたが一番良かったです。

予算も大手の会社だとすごく高いけど、ここまで変えて半分だったもんね。



ご主人

そう。全然違ってビックリした。

プランは参考になったけど金額を知ってからはここには頼めないなって思いましたね。





それならもう少し出してもらえば良かった。

でも、ウチは単価を決めて見積りをしているから工事範囲と仕様次第でしか金額が変わらないから、いつもこんな感じですよ。

工事中は久し振りに手こずりましたけど。



奥様

その大手だけが飛び抜けて高かったから一番に予定から消えてしまいましたけどね。





怖いお言葉。ウチが生き残って良かったです。

ところで、他の会社も有名な会社ばかりでしたが、なぜ杉工建設に注文をしてくださったのですか?



奥様

現地調査の時にちゃんと色々と調べてくれていたから。

やっぱり何社か同じ条件で会ってみると、それぞれが違うから分からなくなっていました。杉山さんは床下から天井裏まで確認して、その場で構造の話しまでして安心できました。 

その場では参考になったと言ってもいいけど。

でも話を進めていくと、やっぱり知識に差が出るのですね。





ウチは小さな会社だから心配じゃなかったですか?



ご主人

最初は心配でしたね。 

でも、色々と正直に話をしてくれるし、どんな質問をしても即答してくれたから安心でした。 他の会社は調べてきますって質問を持ち帰っていたのですが、杉工さんはすぐに答えを出すところに差がありましたね。



奥様

杉山さんがウソをついて騙すなら世の中が怖くなるわ。





あー ありがとうございます。 僕は褒められる事に慣れていないので返事に困ったなぁ  

でも信じてくれて有難うございました。



ご主人

工事が終わった時に杉山さんが「完成してからが本当のお付き合いです」って言ってくれたも良かったよね。 

私も仕事でお客さんとの付き合いを一生って考えているから、すごく共感ができました。





工事は住める状態にするだけですからね。

大事なのは住んでからって考えでいないとデザインばかりになってしまったり、無理な工事金額の強制だったりにつながってしまいます。

いま好きだからと飽きそうなデザインを作ってしまうと数年後にまた改修して余分なお金がかかってしまうし、無理な工事金額だと家ばかりになって生活ができなくなってしまいます。

ご主人と仕事観が似ているのは嬉しいです。



ご主人

杉工さんが顧客紹介ばかりで仕事をしているのが分かったね。



奥様

そう。完成したら見たいって友達がいるから紹介したいですね。





何から何まで本当に有難うございます。







こうして今年最大級の難工事は完了しました。