注文住宅

大塚新町の家

実施エリア:

埼玉県川越市

実施時期:

2010年4月

延床面積:

112平米

内容:

郊外に建つ木造2階建ての住宅である。敷地南側には中層マンションの建設が進んでいたため、単純に南側に窓を設け、採光するという単純な解法は採れなかった。そこで考えたのは、建物を東西2棟に分け、その間の庭から陽を取り込むという方法だった。より光を有効に取り込むため、2つの棟は南に向かって開くような形で角度がついている。2つの棟は日当りの良い玄関・渡り廊下で繋がる。キッチンの窓の外に子供部屋が見えたり、寝室から中庭を介して浴室が見えたりと、思わぬところで視線が繋がり、家族みんながこの家に一緒に住んでいるという一体感を実感できる構成となっている。