注文住宅

『凹[ou]』内と外の関係性を持つ住宅

実施エリア:

愛知県名古屋市

内容:

周辺は住宅や事務所等が混在する密集地。
大きなボリュームの上に、周囲のスケールに合わせた個々のボリュームが点在する型式を持つ。密集地の中でのプライバシー確保と周囲環境との係わり合いが問われた。
1階は中心に中庭を内包、囲まれた安心感がもたらす穏やかで親密な風景を作り出している。
2階は四隅を個々の室に守られつつも、十字に挿入された外部(デッキ)と切取られた壁により、外部が周囲の町並みと連続する開放的な中庭を持つ。
中の外、外の中、という反転した内と外の関係性を持つ住宅である。

半谷彰英

永遠に古くなる事の無い、光や風、空間の形を丁寧に扱う設計を心掛けています。要望や、敷地環境への配慮、求められる機能や 性能は十分ふまえた上に、さらなる価値を育む「間」をつくる事が、生活をより豊か にして行くものと考えています。日常の中に、日常を超えられるひと時を感じられ るすまいをつくりたいと思います。