注文住宅

『big&small boxes』大きなハコの中に小さなハコをちりばめた家

エリア:

愛知県名古屋市

実施時期:

2012年

内容:

密集した市街地に建つ住宅。  
プライバシーを確保した上で光や風という自然環境をいかに建物に取込むか、限られた敷地の中でどのような広がりを作れるか、という点が基本的な課題となっている。
大きなハコの中に、小さなハコをちりばめた家。  
家族の生活を守る大きなハコは、キッチンや書斎、光をとりいれる役割を持つ小さなハコによって、ゆるやかに分節されたひとつながりの空間となる。一枚のフロアーに対し、小さなハコを立体的に配置。加えて、大小の穴をあけることで、家全体が一体となり、家族がお互いを感じ取れるさまざまな居場所を作り出している。

この住宅事例を手掛けた建築家

半谷彰英

建築家 / @愛知県

永遠に古くなる事の無い、光や風、空間の形を丁寧に扱う設計を心掛けています。要望や、敷地環境への配慮、求められる機能や 性能は十分ふまえた上に、さらなる価値を育む「間」をつくる事が、生活をより豊か にして行くものと考えています。日常の中に、日常を超えられるひと時を感じられ るすまいをつくりたいと思います。

半谷彰英

建築家 / @愛知県

半谷彰英さんの住宅事例