注文住宅

Tender concrete

エリア:

愛知県名古屋市

実施時期:

2013年

内容:

周都心の密集地にあるコートハウス。外は木目がランダムに転写されたコンクリートの箱が浮かび、内は様々な場所や中庭が点在する伸びやかな空間が広がります。
計画は、閉ざされた箱の中にいかに豊かな環境の余白を埋込んでゆくか、という作業でした。
中央に設けられた細長い中庭や階段は建物全体に光を導き、様々な場所の視線を繋ぐ役割を持ちます。屋根に空けられた曲線状の穴は、空間にやさしい影と光を落しています。
コンクリート住宅の持つ力強さの中に住宅としてのあたたかさや柔らかさが織り込まれた建築です。

半谷彰英

永遠に古くなる事の無い、光や風、空間の形を丁寧に扱う設計を心掛けています。要望や、敷地環境への配慮、求められる機能や 性能は十分ふまえた上に、さらなる価値を育む「間」をつくる事が、生活をより豊か にして行くものと考えています。日常の中に、日常を超えられるひと時を感じられ るすまいをつくりたいと思います。