注文住宅

緩斜面の家 [2013]

面積:

118㎡

エリア:

埼玉県寄居町

実施時期:

設計期間:12/02-12/08工事期間:12/10-13/03

内容:

敷地は東に向かってゆるやかに傾斜し,傾斜の先には防風林と畑がどこまでも広がっていました.この土地の傾斜を活かし,抜けのあるこの景色を一望する家というのが設計当初からのテーマでした.
ゆったりとしたリビングには3寸勾配の大屋根が架けられています.おおらかな景色と呼応するように,その架構は30mmのLVLとFBをサンドイッチさせた木質ハイブリッド梁構造により,3間(5.4m)ものスパンを大胆かつ軽やかに架け渡しています.
また一部をスキップさせた床や廊下を隔てる家具は,地形的な起伏を内部にも取り込み,立体的な視野と広がりそして奥行きをつくり出しています.その佇まいはベーシックでありながらも,どこか別荘のような非日常感のあるスケールを持つ住宅です.

用途地域:用途地域の指定のない地域
構造:木造(在来構法)平屋建て
敷地面積:491.35m² /148.63坪
建築面積:166.13m² /50.25坪
法延床面積:118.52m² /35.85坪
施工:藤建設工房
構造設計:山田憲明(山田憲明構造設計事務所)
撮影:新澤一平

この住宅事例を手掛けた建築家

Ryota Sekimoto

建築家 / @埼玉県

デザインとはそこに流れる空気のようなものを受け止め,掬い上げる行為ではないかと思います. 人の流れを考え,行為のぼんやりとした輪郭を整える.敷地が持つ空気感やクライアントの言葉の行間を読み,空間のあるべき方向性を五感で受け止めるところから我々の仕事ははじまります. 我々の仕事はいわゆる“間取り”をつくることではありません.また単にシンプルにデザインするということとも異なります.すべてが溶け合い,調和した秩序や道筋をそこにつくりたい.クライアントからはずっと前から住んでいたような感覚を覚えると言われることがありますが,それが我々にとっては最高の褒め言葉なのかもしれません.

Ryota Sekimoto

建築家 / @埼玉県

Ryota Sekimotoさんの住宅事例