注文住宅

トンガリの家 [2014]

面積:

94㎡

エリア:

東京都

実施時期:

設計期間:12/12-14/02工事期間:14/04-14/10

内容:

ショートケーキの先端を切り落としたような,その三角敷地へのプランニングは,まさに格闘というに相応しいものでした.敷地の先端からは遙か多摩丘陵までを見通すことができ,計画においてはまずこの眺望を取りこみ,またこの変形地ならではの合理的な形と架構を追い求めました.
屈曲した屋根架構には立体プレカットを導入し,その複雑なフォルムを板金仕上げによって包んでいます.角度を振られた壁や屋根面はまた,焦点を喪失させ,不思議な視覚的効果を室内にもたらしています.
トンガリの先端に設けたアクリルのアートワークは、美術家の廣瀬智央氏とのコラボレーションによるものです.随所に設けた遊びの空間や設えの数々も、この住宅の魅力の一部です.

用途地域:第一種低層住居専用地域
構造:木造(在来工法)地上2階建て
敷地面積:120.50m²/36.45坪
建築面積:50.50m²/15.27坪
法延床面積:94.81m²/28.68坪
施工:小林
構造設計:山田憲明(山田憲明構造設計事務所)
植栽:湊眞人(耕水)
アートワーク:廣瀬智央
アートワーク協力:小山登美夫ギャラリー
照明監修(一部):梅田かおり(StudioLUME)
撮影:新澤一平

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

Ryota Sekimoto

建築家 / @埼玉県

デザインとはそこに流れる空気のようなものを受け止め,掬い上げる行為ではないかと思います. 人の流れを考え,行為のぼんやりとした輪郭を整える.敷地が持つ空気感やクライアントの言葉の行間を読み,空間のあるべき方向性を五感で受け止めるところから我々の仕事ははじまります. 我々の仕事はいわゆる“間取り”をつくることではありません.また単にシンプルにデザインするということとも異なります.すべてが溶け合い,調和した秩序や道筋をそこにつくりたい.クライアントからはずっと前から住んでいたような感覚を覚えると言われることがありますが,それが我々にとっては最高の褒め言葉なのかもしれません.

Ryota Sekimoto

建築家 / @埼玉県

この専門家のプロジェクト一覧