マンションリノベーション・リフォーム

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション-

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション- (リビング)

リビング

撮影 小泉一斉

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション- (ソファからダイニング)

ソファからダイニング

撮影 小泉一斉

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション- (キッチン・リビング)

キッチン・リビング

撮影 小泉一斉

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション- (洗面・寝室)

洗面・寝室

撮影 小泉一斉

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション- (玄関土間)

玄関土間

撮影 小泉一斉

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション- (玄関)

玄関

撮影 小泉一斉

ひらく間-全ての「間」がつながるマンション- (寝室からバスルーム)

寝室からバスルーム

撮影 小泉一斉

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

所在地

千葉県

延床面積

75.83㎡

施工面積

75.83㎡

改修規模

フルリノベーション・リフォーム (スケルトン・リノベーション)

間取り

3LDK → 1LDK

築年数

19年

期間

施工:1ヶ月

完成時期

2017年10月

施工会社

株式会社中野工務店

築18年のマンションフルリノベーションです。
約23坪の1住戸の内部を全て解体し、杉やタモ、漆喰などの自然素材を中心に使いながら
間取りを大幅に変更しました。また、内窓を設けて断熱性能を上げたり、二重床にして
遮音性能を向上させているのも特徴です。
出入り口はいつも開け放しておけるように、全て引戸にしています。
このことによって、全ての部屋(間)が、ひらかれ、繋がり、
使いやすく機能性が向上するばかりか、感覚的にも広がりを感じます。
そして、いつもひらかれていることで、風が南から北へ抜けていくようになりました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

「木の家に住みたい!」と思ったのがきっかけです。
マンションは四角いコンクリートの塊の中で、木造戸建てのようで、ワンルームのようなすきっりした住まいがご希望でした。

パース/模型/CG/スケッチなど

いい家!
2

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

野口修一

野口修一

野口修アーキテクツアトリエは木造住宅を中心に設計活動を行っている 一級建築士事務所です。 家づくりは建築主・設計者・工務店の3者が力を合わせて臨むもので、 同じチームの仲間です。 その3者全員が、この家をつくって「よかった」と思える仕事を目指します。

所在地

千葉県千葉市稲毛区天台5-24-7

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

野口修一さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

野口修一

建築家 / @千葉県